路線図ドットコム

過去のバス路線図(三重県)

この目次は過去の路線図のものです 最新路線図目次へ

■地区選択>北勢地区中勢地区南勢地区伊賀地区南紀地区

いなべ地区

※2004/12/6 桑名地区より分離

2004/12/6  
2005/2/17 2005年2月17日
・八風バス 大長回転場系統を廃止、ナルックス前、吹上~鳥居前間の停留所を廃止
2005/4/8 2005年4月8日
・三岐バス 大泉駅前~いなべ総合学園新設
2005/8/1 2005年8月1日
・三重交通 阿下喜藤原線、中里線「宮前」経由を新設。坂本線は全便「宮前」経由に変更。

2005年12月20日
・三重交通 桑名阿下喜線 減便により、線の太さを変更
2006/5/29 2006年5月29日
・三岐バス いなべ学園線廃止

2006年6月1日
・いなべ市コミュニティバス運行開始

2006年6月
・八風バス 南金井~福王山間廃止
2006/9/1 2006年9月1日
・三重交通 多度線廃止
2006/12/20 2006年12月20日
・三重交通 桑名阿下喜線 益生駅前・坂井橋経由系統を廃止
2007/6/1 2007年6月1日
・三重交通(いなべ市自主運行路線) 十社線、阿下喜新町線、東貝野線は廃止。北勢地域にいなべ市コミュニティバス運行開始
2008/6/1 2008年6月1日
・三重交通(いなべ市自主運行路線) 中里線、阿下喜藤原線、坂本線は廃止。藤原地域にいなべ市コミュニティバス運行開始
2010/4/8 2010年4月1日
・いなべ市コミュニティバスは、いなべ市福祉バスに変更(無料化)

2010年4月8日
・三岐バス いなべ学園線を新設

2011年5月1日
・三重交通 停留所名称変更 「マイカル桑名」→「イオン桑名SC」、「マイカル桑名口」→「イオン桑名SC口」
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 桑名阿下喜線は「イオン桑名SC」を経由しなくなります。(「イオン桑名SC口」は通ります)
2012/5/7 2012年5月7日改正内容
・三岐バス いなべ学園線(三里駅~いなべ総合学園間)を廃止。(今後はスクールバスが運行)

いなべ市大安地区福祉バス・シャトルバス

2000/12/1  
2001/4/2 2001年4月2日
・大安駅~阿下喜駅定期バス運行開始
2001/11/5 2001年11月5日
・路線変更
2002/9/2 2002年9月2日
・いなべ総合病院へ延長
2003/12/1 2003年12月1日
・町村合併により、いなべ市に
2004/5/1 2004年5月1日
・三里・丹生川コースの一部経路を変更
2005/5/1 2005年5月1日
・一部経路を変更
・特便は廃止

桑名・いなべ地区、桑名・長島地区

※2004/12/6 長島を統合し、いなべを分離

1999/4/1  
2000/4/10 2000年4月1日
・桑名長島温泉線:桑名市内急行運転を、各停に変更
・木曽岬線 藤里循環系統を新設
・弥富鍋田線 平島住宅前経由を休止

 2000年4月10日
・大山田桑名西高校線新設
2000/9/4 2000年9月4日
・三岐バス 志知~桑名西高を新設
2000/10/7 2000年10月7日
・八風バス 系統変更
2000/11/1 2000年11月1日
・三重交通 市民病院線は休止
・三重交通 桑名駅前~陽だまりの丘を新設(一部の便は、市民病院前乗入れ)
2000/12/1 2000年12月2日
・三重交通 桑名阿下喜線 マイカル系統の経由を星見ヶ丘経由に
・三重交通 桑名ネオポリス線 六把野系統を休止
・三重交通 桑名ネオポリス線 穴太に停車
・三重交通 桑名ネオポリス線 大山田団地系統においてマイカルを通らない系統を新設

 ※東員町巡回バス・大安町福祉バスの概略経路を掲載
2001/4/9 2001年4月1日
・三重交通 阿下喜福王山線休止
・三重交通 「天神ヶ丘」「伏見」停を新設
・桑名市コミュニティバス運行開始

2001年4月2日
・大安駅~阿下喜駅定期バス運行開始

2001年4月9日
・三岐バス 桑名西高校線 時刻改正により往復運行に
2001/8/20 2001年8月20日
・三重交通 陽だまりの丘線 陽だまりの丘~郵政研修所前間延長
2002/4/4 2002年4月1日
・三重交通 十社線二之瀬系統を休止
・三重交通 東貝野線新設
・三重交通 警察循環を片回りに
・三重交通 桑名西高校乗入れ

2002年4月4日
・八風バス 桑名西高校乗入れ
・八風バス 福王山運行日変更

2002年4月8日
・三岐バス 三里いなべ線新設
2002/10/12 2002年10月12日
・栄高速線 栄オアシス21バスターミナル乗入れ
 栄発は、栄オアシス21バスターミナルから発車(朝の1便のみ、従来の停留所<テレビ塔西>より発車)
 栄行は、朝は従来の停留所<テレビ塔西>、朝以外は栄オアシス21前で降車
・栄高速線 「錦通本町」停新設。
・名古屋高速線、栄高速線 大山田団地内始発便は筒尾9丁目始発を筒尾6丁目始発に変更。(大山田団地内行は変更なし)
2003/4/1 2003年4月1日
・三重交通 名古屋高速線 陽だまりの丘に乗り入れ
・阿下喜駅前発着路線 いなべ総合病院に乗り入れ
・阿下喜藤原線、中里線 経路変更、古田~時口間廃止
2003/9/1 2003年9月1日
・坂本線新設
2003/12/1 2003年12月1日
・町村合併により、員弁町・大安町・北勢町・藤原町はいなべ市に
2004/3/1 2004年3月1日
・三重交通桑名ネオポリス線 28-1系統 桑名駅前~希望ヶ丘~サンシパーク~ネオポリス系統を新設
2004/4/1 2004年4月1日
・三岐鉄道(鉄道線) 六石駅の廃止、大泉東駅と長宮駅を統合し、大泉駅を開設
・三重交通 菰野福王山線、湯の山線神森~近鉄湯の山温泉駅間廃止

・八風バス 大長回転場を記載
2004/6/1 2004年6月1日
・三重交通 警察循環線(城南線)廃止。
・三重交通 停留所名称変更 飛島温泉センター前→飛島新田、員弁町役場→いなべ庁舎前、北勢町役場→北勢庁舎前、役場南→藤原庁舎南
2004/12/6 2004年12月6日
・市町村合併により地区割りを変更
2005/2/17 2005年2月17日
・八風バス 大長回転場系統を廃止、ナルックス前、吹上~鳥居前間の停留所を廃止
2005/4/1 2005年4月1日
・東員町コミュニティバス実証運行開始

2005年12月20日
・三重交通 桑名阿下喜線 減便により、線の太さを変更
2006/9/1 2006年6月
・八風バス 南金井~福王山間廃止

2006年9月1日
・三重交通 多度線廃止
2006/12/20 2006年12月20日
・三重交通・八風バス 赤尾台・名古屋高速線 新設
・三重交通 桑名栄高速線 陽だまりの丘・きぼうヶ丘~栄系統 新設
・八風バス 朝日線 新設
・三重交通 桑名阿下喜線 益生駅前・坂井橋経由系統を廃止(マイカル桑名経由系統は存続)
2007/8/1 2007年8月
・名鉄バス 長島線(津島~長島温泉)廃止。
2007/12/20 2007年12月20日
・三重交通 名古屋桑名高速線、栄桑名高速線  陽だまりの丘行の停車順を変更。(名古屋・栄発は総合運動公園南が終点。陽だまりの丘発は従来通り郵政研修所前が起点)
2008/4/8 2008年4月8日
・八風バス 桑名川越高校線新設
2008/10/16 2008年10月16日
・三重交通 名四長島温泉線 名四木曽岬~長島スポーツランド~長島温泉間廃止
・三重交通 名古屋桑名線および名四長島温泉線 南桑名発着系統は、名古屋発のみの片方向運行
2009/1/1 2008年12月23日
・八風バス 桑名川越高校線廃止

2009年1月1日
・八風バス 朝日線廃止

2011年5月1日
・三重交通 停留所名称変更 「マイカル桑名」→「イオン桑名SC」、「マイカル桑名口」→「イオン桑名SC口」
2011/11/3 2011年11月3日
なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2011/11/3~2012/4/1)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は運休。
2012/4/1 2012年4月1日
●三重交通 路線再編
<筒尾・陽だまりの丘方面>陽だまりの丘線
[40][41]経路変更 桑名高校前・イオン桑名SC口・筒尾・大山田団地経由 

<津田学園・ネオポリス方面>桑名ネオポリス線
[30-2]桑名ネオポリス線の一部が津田学園を経由
[32-2]急行 桑名駅前~津田学園を新設([44]桑名駅前~津田学園を廃止)
[28-1]桑名ネオポリス線 「サンシパーク」経由を廃止

<星見ヶ丘・野田方面>桑名大山田団地線・桑名阿下喜線
[47-1][48-1]朝ラッシュ時の一部を除き、「イオン桑名SC」を経由
[21]桑名阿下喜線は「イオン桑名SC」を経由しなくなります。(「イオン桑名SC口」は通ります)

<桑名西医療センター(旧市民病院)方面>城南線
[03][06]城南線(ヨナハ総合病院方面)の一部の便を、桑名医療センターへ路線延長。
停留所名称変更 「市民病院前」→「桑名西医療センター」

<本数が少なくなる系統(ラッシュ時や深夜等に運行)>
・[43-1][45]
2012/11/3 2012年11月3日
なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2012/11/3~2013/3/31)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は運休。
2013/4/1 2013年4月1日
なばなの里アクセス 通常運行
2013/10/25 2013年10月25日
なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2013/10/25~2014/3/31)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は運休。
2013/11/19 2013年11月19日改正内容
・三岐バス イオンモール東員線(東員駅~イオンモール東員~山城駅前)を新設。
2014/4/8 2014年4月1日
・なばなの里へのアクセス 通常運行になりました。(桑名駅前~なばなの里)

2014年4月8日改正内容
・三岐バス 川越高校線(近鉄富田駅前~川越高校)新設

2014年6月25日
・三重交通 停留所名称変更 「日立社宅前」→「安永七丁目」
2014/10/25 なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2014/10/25~2015/3/31)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は運休。
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・なばなの里へのアクセス 通常運行になりました。(桑名駅前~なばなの里)
・停留所名称変更 「イオン桑名SC」→「イオンモール桑名」、「イオン桑名SC口」→「イオンモール桑名口」
2015/10/24 なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2015/10/24~2016/5/8)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は運休。
2016/5/9 2016年5月9日
・なばなの里へのアクセス 通常運行になりました。(桑名駅前~なばなの里)
 (今のシーズンは近鉄長島駅~なばなの里の三重交通の運行はありません)
2016/10/15 なばなの里アクセス変更
ウインターイルミネーション実施中(2016/10/15~2017/5/7)の間は
・近鉄長島駅前~なばなの里間(長島なばなの里線)を運行。
・桑名駅前~なばなの里間は、ほとんどの便が運休。
2017/5/8 2017年5月8日
・なばなの里へのアクセス 通常運行になりました。(桑名駅前~なばなの里)
 (今のシーズンは近鉄長島駅~なばなの里の三重交通の運行はありません)

東員町巡回バス、東員町コミュニティバス

2001/4/1  
2005/3/27 2005年3月27日午後
・東員町巡回バス廃止
・東員町コミュニティバス無料運行

2005年4月1日
・東員町コミュニティバス実証運行開始

2006年10月1日
・停留所新設:ふれあい農園東
2007/4/1 2007年4月1日
・東西線
 鳥取沢・八幡新田地域のルートを廃止。
 六把野新田地内の一部ルートを変更し、カーマホームセンター・ユーストアを経由。
・南北線
 笹尾地内の一部ルートを変更し、いなべ整形外科クリニックを経由。
 長深地内の一部ルートを変更し、パークレジデンスを経由。
2008/4/1 2008年4月1日
・東西線を、稲部線と東部線に分割。一部経路変更。
2009/4/1 2009年4月1日
・南北線:笹尾西地区の一部経路を変更
・稲部線→東西線に路線名を変更。東員町役場~瀬古泉口~穴太駅間を延長。
・東部線:瀬古泉・役場方面は東西線の運行に変更。
2010/4/1 2010年4月1日
・東西線 路線廃止
2014/10/1 2014年10月1日改正内容
・路線再編 朝夕便と昼便をわけ、朝夕便は「南北線」「東部線」の2路線、昼便は「笹尾・城山線」「稲部・三和線」「穴太・中上線」の3路線になる。

桑名市コミュニティバス

2001/4/1 新設日未調査
・霞町2丁目停を新設。
2004/6/1 2004年6月1日
・南部ルート新設
・北部ルート 「新福島」、「看護学校前」停を新設。1循環で市民病院に2回停車。

2004年10月1日
・停留所名称変更 中央公民館→くわなメディアライヴ
2005/6/1 2005年6月1日
・停留所新設 東部ルート:汐見町 南部ルート:桑部東
2006/9/1 2006年9月1日
・多度北ルート、多度南ルート、長島北ルート、長島南ルート新設
2006/11/1 2006年11月1日
・西部ルートを、西部北ルート、西部南ルートの2ルートに分割
2009/7/1 2009年7月1日
・西部南ルート 蓮華寺駅へ乗入れに伴い、経路変更
・西部北ルート 「総合運動公園」停を廃止
・北部ルート 「くわのみ」に一部の便を乗入れ
・多度ルート 美鹿系統と北回りを分割。北回り、南回りは片回り運行に変更。アイリスパーク~総合運動公園~陽だまりの丘を廃止。フリー区間を導入。
・長島ルート 福祉健康センター発着に変更。片回り運行に変更。フリー区間を導入。

2010年5月1日
・停留所名称変更 星川ユーストア→星川ピアゴ、コミュニティプラザ口→陵西中学校前
2010/7/1 2010年7月1日
・多度ルート 北回り、南回り 一部経路を変更。また、片回りを両回りに変更。
・停留所新設 「防災コミュニティセンター」

2012年4月1日停留所名称変更
・「マイカル桑名」→「イオン桑名SC」、「市民病院」→「桑名西医療センター」、「看護学校前」→「尾弓田」
2012/8/1 2012年8月1日改正内容
・多度ルート 美鹿ルート 美鹿~前山間路線延長。下ヶ平~滝ヶ橋間経路変更。
2013/7/1 2013年7月1日改正内容
・西部北ルート 福祉センター~桑名西医療センター間路線延長(循環ルートになります)
・西部南ルート 星川ピアゴ~桑名西医療センター間路線延長(循環ルートになります)
・多度ルート 路線再編 南回りを西回り・東回りに分割
・長島ルート南回り ながしま遊館以南 一部の便を左回りに変更し、右回り・左回りの両方向運行になります

2014年6月25日
・南部ルート 停留所名称変更 「日立社宅前」→「安永七丁目」

20147月1日改正内容
・長島ルート南回り 松中~横満蔵間の経路を変更。
2015/7/1 2015年7月1日
・西部南ルート 停留所新設 「新西方南」
2016/7/1 2016年7月1日改正内容
・多度ルート 美鹿ルート 多度町総合支所行の多度橋~大桑クリニック~多度駅前間の運行順序を変更し、多度駅前を先回りに変更。
・長島ルート 循環北回り 左回りを新設。
2017/7/1 2017年7月1日改正内容
・多度ルート 「柚井北」「柚井宇賀神社前」は、循環ルートに変更。
・多度ルート 循環ルートを再編
・多度ルート美鹿ルート 多度駅と多度大社をむずぶ循環系統を新設。

四日市・菰野地区

1999/4/1  
1999/8/1 1999年8月1日
・三重交通 霞ヶ浦線 霞ポートビルへ路線延長
・三重交通 桜花台線 桜リサーチパークへ路線延長
1999/11/15 1999年11月15日
・三岐バス 市立病院口経由の系統の久保田~新中倉橋間の経路を変更
2000/3/10 2000年3月10日
・三重交通 久間田線休止
2000/4/1 2000年4月1日
・三重交通 羽津山・市立病院線:Jヒルズ~東芝四日市前間延長
・三重交通 神前・黒田線:路線名変更・神前大日山~黒田町間延長
・三重交通 鈴鹿市内・采女ヶ丘線を新設
・三重交通 水沢線:宮妻口・椿大神社・山本の全便を高花平団地内経由に変更
・三重交通 鈴鹿・四日市線:路線名変更・鈴鹿中央病院系統を神戸6・鈴鹿文化会館経由に変更
・三重交通 塩浜線昌栄町循環系統の休止
・三重交通 磯津医療センター線:石浜正門前系統の休止
・三重交通 朝明ヒュッテ線:近鉄四日市~菰野駅前間休止
・三重交通 白子四日市線:白子駅西~三交鈴鹿営業所間休止し、路線名を鈴鹿・四日市線に変更
・三重交通 停留所新設 諸戸野口、あこず団地前、尾平町西
・三重交通 停留所名称変更 東口→川島市民センター,かわしま園センター→かわしま園,上海老口→赤水北
2000/5/1 2000年5月1日
・四日市市運行バス運行開始
2000/9/4 2000年9月4日
・三岐バス 志知~桑名西高を新設

変更時期未調査
・三岐バス停留所名称変更 「久保田橋」→「みたき総合病院前」
2000/10/15 2000年10月15日
・三重交通 三重団地笹川線:聖母の家~笹川テニス場間の経路を変更
・三重交通 四日市福王山線:市立病院口経由の系統を、ユラックス前からみたき総合病院経由に変更
・三重交通 垂坂線:東垂坂~垂坂間を休止。垂坂公園・羽津山緑地に乗入れ。
・三重交通 千歳町~四日市港口間に「日本板硝子前」停を新設
・三重交通 従来の東日野住宅を「東日野」に改称。また、1区間延長し、「東日野住宅」停を新設。
2001/2/5 2001年2月5日
・三岐バス 四日市大学線 イオン四日市ショッピングセンターへ乗入れ
・四日市市運行バス イオン四日市ショッピングセンターへ乗入れ,路線変更
2001/4/1 2001年4月1日
・三重交通 阿下喜福王山線休止
2001/4/20 2001年4月9日
・三岐バス 桑名西高校線 時刻改正により往復運行に

2001年4月20日
・三重交通 塩浜線休止
・三重交通 かわしま線 三滝台経由に変更、悠彩の里へ延長
・三重交通 磯津医療センター線 健康増進センターへ乗入れ
・三重交通 停留所名称変更 阿倉川口→西阿倉川口,東日野住宅→ガーデンタウン東日野,青葉町西→けやき台口,小山田局前→山田中
2001/8/1 2001年8月1日
・三重交通 鈴鹿市内采女ヶ丘線を路線分割。四日市高岡循環線を新設
2001/10/1 2001年10月1日
・東日野四日市港線96系統ガーデンタウン東日野~近鉄四日市~曙町~四日市港 系統新設
2002/4/1 2002年2月1日
・三岐バス 四日市大学線 イオンショッピングセンター~JR富田駅前を休止

2002年4月1日
・三重交通 名古屋高速線 四日市大学経由を新設
・三岐バス 四日市大学線 三洋堂前停を新設
2002/6/1 2002年6月1日
・三重交通 磯津医療センター線 県立総合医療センター~高花平間延長、健康増進センター乗入れをとりやめ
・三重交通 神前黒田線 近鉄高角駅~黒田町間休止
・三重交通 垂坂(いかるが)線 休止
・三重交通 停留所新設 泊山小学校、笹川5、健康増進センター北
2002/6/10 2002年6月10日
・三重交通 三重団地笹川線 三重団地~笹川ジャブ間延長
・三重交通 泊山医療センター線 大部分の便を県立総合医療センター止めに,泊駅口~県立医療センター間の経路を泊山経由に
・三重交通 停留所新設 波木ヶ丘西

2002年10月11日
・三岐バス時刻改正 暁学園駅前始発便を1便新設
2002/11/1 2002年11月1日
・三重交通 泊山医療センター線 泊山~笹川ジャブ間廃止
・生活バスよっかいち 試験運行開始
・名古屋空港アクセスバスを記載
2002/12/1 2002年12月1日
・名古屋空港線 経路変更
2003/4/1 2003年4月1日
・次の路線で路線変更 四日市市内線(新設)、桜花台線、美里ヶ丘線、福王山線、四日市高岡循環線(廃止)、長沢線

2003年4月14日
・停留所新設:芝田1丁目
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 菰野福王山線、湯の山線神森~近鉄湯の山温泉駅間廃止
・三重交通 水沢線 一部の便を市立病院へ延長
・三重交通 朝明ヒュッテ線休止
2004/11/15 2004年11月15日
・三重交通 高速バス 名古屋三重団地高速線運行開始
・三重交通 羽津山市立病院線 東芝四日市前~垂坂駐車場間延長
・三重交通 名古屋桜台高速線 四日市大学経由系統は廃止

2005年2月7日
・市町村合併により、四日市市、楠町は四日市市に

2005年2月17日
・八風バス 田口新田・鍋坂口・福王口・鳥居前停留所を廃止
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通 霞ヶ浦線廃止
・三重交通 長沢線鹿間系統を和無田改善センターへ延長
2005/9/26 2005年9月26日
・三重交通 四日市福王山線 堀木橋~末永橋間経路変更。「本郷郵便局」を経由。
2006/3/1 2006年3月1日
・ジャスコ四日市尾平店、マックスバリュ生桑店にパークアンドバスライド駐車場を開設。
・平日のみ、三重交通神前線、三重団地笹川線(夕方の一部の便)が「尾平P&R駐車場」に乗り入れ
・尾平パークアンドバスライド線新設
2006/4/1 2006年4月1日
・三重交通 東日野四日市港線 ガーデンタウン東日野~JR四日市系統を新設
・停留所名称変更 川村病院前→主体会病院前
2006/6 2006年6月
・八風バス 南金井~福王山間廃止
2007/4/1 2007年4月1日
・三岐バス JR四日市~四日市大学・四日市看護医療大学系統を新設
・三岐バス 停留所名称変更 四日市大学前→四日市大学・看護医療大学前
・空港バス 垂坂駐車場・東芝四日市経由に経路変更
・三重交通  四日市鈴鹿線 鈴鹿市駅~三交鈴鹿・鈴鹿中央病院間廃止
・三重交通 停留所名称変更 三重ウエディングビレッジ→アルカンシエル三重
2007/10/1 2007年10月1日
・三重交通 尾平P&BR駐車場停留所廃止。三重団地笹川線、神前線の「尾平P&BR駐車場」乗り入れを廃止。
 尾平パークアンドバスライド線廃止
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 四日市平田線 加佐登駅乗り入れ系統を廃止
・三重交通 四日市長沢線 和無田~長沢間廃止

・三重交通 泊山医療センター線、水沢(笹川)線の市立病院直通系統を廃止
・三重交通 泊山医療センター線経路変更

・三重交通 三重団地笹川線の系統番号を変更 三重団地行のみ変更 41系統→46系統
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 小杉線 新小杉~Jヒルズ間 路線延長
・三岐バス 四日市大学線 四日市大学・四日市看護医療大学前~東芝正門前間 路線延長
・三岐バス 山之一色線 東芝北門前経由系統を新設
・三岐バス 停留所新設 藤ヶ丘南
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 四日市福王山線 西川原~田光間経路変更
・三重交通 停留所名称変更 「高岡団地」→「高岡台」、「久間田支所」→「久間田西」、「アルカンシエル三重」→「アニュレール三重前」
2012/3/20 2012年3月20日改正内容
・三重交通 17「富田霞ヶ浦公園線」新設(3月24日より運行)
・三重交通 75「神前高角線」経路変更 一部便を除き菅原町を経由。一部の便は、イオン尾平店、四日市中央工業高校へ乗り入れ。
・三重交通 11「小杉線」の一部の便は、東芝四日市前まで運行。
・三重交通 43「泊山医療センター線」 近鉄四日市~泊山経由~医療センターに変更(朝の一部の便は白髭神社経由)
・三重交通 停留所名称変更 「パワーシティ前」→「泊町北」
2012/10/20 2012年10月20日改正内容
・三重交通 富田霞ヶ浦公園線 イベント開催時のみ運行に変更。
2012/12/21 2012年12月21日改正内容
・三重交通 湯の山線「アクアイグニス」へ延長。名古屋湯の山高速線「アクアイグニス」停を新設。
2013/4/1 2013年4月1日改正内容
・三重交通 停留所新設「東芝四日市北門」「東芝四日市南門」
・三重交通 名古屋三重団地高速線 東芝四日市付近経路変更
・三重交通 名古屋桜台高速線 一部の便が、四日市大学、東芝四日市前を経由します。
2013/11/19 2013年11月19日改正内容
・三岐バス イオンモール東員線(山城駅前~イオンモール東員~東員駅)を新設。
2014/4/8 2014年4月8日改正内容
・三岐バス 川越高校線(近鉄富田駅前~川越高校)新設

2014年10月1日停留所名称変更
・三重交通 「四日市社会保険病院前」→「四日市羽津医療センター」

2015年4月1日停留所名称変更
・三重交通 「アニュレール三重前」→「南部丘陵公園南」
2016/4/1 2016年4月1日改正内容
・三重交通 名古屋桜台高速線:東芝四日市付近の経路を変更。「東芝四日市東門」停留所を新設。
・三重交通 東日野四日市港線、市立病院四日市港線:一部の便をのぞき、東新町経由で運行。(90,91,98,99系統)
・三重交通 名古屋三重団地高速線、桜台線は廃止となりました。
・三重交通 停留所名称変更 「神前市民会館前」→「人権プラザかんざき前」
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・三重交通 13羽津山線 近鉄四日市~東芝四日市東門系統を新設。通勤時間帯に運行。坂部台・Jヒルズは通りません。
2017/5/1 2017年5月1日改正内容
・三重交通 44美里あがたヶ丘線 あがたハイツ~四日市消化器病センター間 路線延長。

四日市市自主運行バス

2000/5/1 2000年5月1日
・運行開始

2000年5月10日
・停留所新設 下野農協前

設置日未調査
・停留所新設 東富田,北永台口
2000/9/1 2000年9月1日
・小牧西・市場町付近の経路を変更。保々地区市民センターは、途中に経由せず、終着停のみとなる。
2001/2/5 2001年2月5日
・イオン四日市ショッピングセンターへ乗入れ,路線変更
2002/6/1 2002年6月1日
・山城駅前~保々地区市民センター間休止
2004/4/1 2004年4月1日
・伊坂台に乗り入れ
・停留所新設 十志魚富前、大矢知林医院前、大矢知市民センター前、川北3丁目、広永町公民館前、
 山村町公民館前、伊坂町公民館前、伊坂台アクセス前、伊坂台3号公園前、経塚公園前、北山公民館前
・停留所廃止 伊坂、山分、JR富田駅前
・停留所名変更 広永→金属工業団地前
2007/4/1 2007年4月1日
・伊坂台3丁目へ延長
・「伊坂台3号公園」停を廃止

2010年10月1日
・停留所新設 「朝明町」

2011年11月21日停留所名称変更
・「イオン四日市北ショッピングセンター」→「イオンモール四日市北」

生活バスよっかいち

2002/11/1 2002年11月1日
・試験運行開始

2003年4月1日
・本格運行開始
2004/9/13 2004年9月13日
・「カスミハイツ前」「くわしん前」停を新設。

2005年7月14日
・「東垂坂中」停を新設。
2007/5/1 2007年5月1日
・垂坂公会堂へ路線延長
2010/10/1 2010年10月1日
・大谷台へ路線延長
2016/11現在 ・停留所名称変更 「四日市社会保険病院」→「四日市羽津医療センター」、「ドラッグユタカ別名店前」→「ドラッグセイムス四日市別名店」

鈴鹿・亀山地区

1999/4/1  
2000/3/10 2000年3月10日
・三重交通 平田荒神山線、平田椿線、久間田線休止
・鈴鹿市西部地域コミュニティバス 運行開始
2000/4/1 2000年4月1日
・鈴鹿市内・采女ヶ丘線を新設
・白子四日市線を鈴鹿四日市線に改称 白子駅西~三交鈴鹿営業所を休止
 鈴鹿中央病院系統を神戸6・鈴鹿文化会館経由に
・亀山石水渓線 池山地内はバイパス経由に変更
・鈴鹿市内・平田線、白子サーキット線 東旭ヶ丘3~中旭ヶ丘1間の経路を県道経由に変更
・鈴鹿市内・文化線 白子駅西~鈴鹿市駅~鈴鹿文化会館を休止
・停留所名変更 鈴鹿営業所→三交鈴鹿前 玉垣→国道上の玉垣停を「国道玉垣」に
2000/7/20 2000年7月20日
・石水渓線・亀山白木小川線の御幸町~江ヶ室(旧公園前間)の経路を西町経由から、亀山市役所経由に変更。
・石水渓線・亀山白木小川線の西町停は休止。池の側、亀山市役所停を新設。公園前は江ヶ室に改称。
・石水渓線は池山西より、石水渓へ延長。
2000/12/1 2000年12月1日
・亀山市バス「さわやか号」運行開始
2001/1/8 2001年1月8日
・三重交通平田亀山線 回生病院乗入れ

2001年4月1日
・三重交通停留所名称変更 「椋本Aコープ前」→「椋本郵便局前」,「河芸町役場前」→「朝陽中学校前」
2001/8/1 2001年8月1日
・鈴鹿市内采女ヶ丘線を路線分割。四日市高岡循環線を新設
・停留所新設 白子郵便局、桜島四丁目、羽山ラブズ公園、羽山西
・停留所廃止 羽山、江ヶ室
・停留所名変更 白子→白子四丁目、鈴鹿→神戸九丁目、鐘紡社宅前→羽山東

2002年5月1日
・停留所新設 サンシ前
2002/9/24 2002年9月24日
・三重交通 津太陽の街線 杜の街へ乗入れ
2002/10/1 2002年10月1日
・三重交通 停留所名称変更 鈴鹿サティ→ふれあいセンター
・三重交通 亀山みずほ台線 井田川駅西~鈴鹿高校間経路変更

2003年1月14日
・三重交通 停留所名称変更 鈴鹿警察→神戸3丁目 研修センタ→鈴鹿警察
2003/4/1 2003年4月1日
・次の路線で路線変更 鈴鹿市内線(循環新設)、太陽の街線(廃止)、四日市高岡循環線(廃止)、長沢線(釆女ヶ丘乗り入れ)
2003/11/4 2003年11月4日
・三重交通 亀山関工業団地線を新設
・白子太陽の街線を新設(鈴鹿市自主路線、三重交通が運行)
2004/10/1 2004年10月1日
・三重交通 停留所名変更 ふれあいセンター→アピタ鈴鹿店
 鈴鹿市内線A循環、B循環はアピタ鈴鹿店経由に、それ以外の鈴鹿市内線は桜島4経由に
・三重交通 亀山石水渓線、亀山白木小川線は、野登・白川地区自主運行バスによる運行に
2005/1/11 2005年1月11日
・市町村合併により、亀山市・関町は亀山市に
・亀山市 関町巡回バス・福祉バスの路線を記載

2005年2月17日
・上野名古屋高速バス 停留所新設「御代インター森精機前」
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通 長沢線鹿間系統を和無田改善センターへ延長
2005/9/26 2005年9月26日
・停留所名称変更 鈴鹿営業所→北玉垣、安塚口→三交鈴鹿
2005/10/1 2005年10月1日
・三重交通 白子亀山線、白子太陽の街線廃止。
・亀山椋本線(亀山駅前~天神間)経路変更。「天神前」停を移設し、「天神」に停名変更。

2005年12月27日
・坂下線「朝明山」停(高速高架下)に亀山関工業団地線が停車。工業団地入口の「朝明山」停は「工業団地口」に停留所名称変更。
2006/4/1 2006年4月1日
・三重交通 椋本線 三重会館~津駅前~関バスセンター系統を廃止(関バスセンター~新屋敷間が廃止)

2006年4月10日
・停留所名称変更 光洋精工前→ジェイテクト前

2006年12月20日
・上野名古屋高速バス 三交伊賀車庫~三交上野車庫間延長
2007/4/1 2007年3月21日
・高速バス 伊賀長島温泉高速線(名張駅前~関バスセンター~長島温泉・なばなの里)を新設。

2007年4月1日
・三重交通  四日市鈴鹿線 鈴鹿市駅~三交鈴鹿・鈴鹿中央病院間廃止

2007年4月9日
・三重交通 停留所名称変更 敷島紡績→シキボウ前
2007/12/1 2007年12月1日
・亀山市 西部Aルートを試行運行開始。
・三重交通 伊勢坂下線を廃止。
・亀山市 関地区巡回バスを廃止。
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 四日市平田線 加佐登駅乗り入れ系統を廃止
・三重交通 四日市長沢線 和無田~長沢間廃止
・三重交通 津太陽の街線 津駅~三重会館間を廃止
2009/4/1 2009年4月1日
・三重交通 亀山長沢線 廃止
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 鈴鹿市内線 運行系統を変更
 (A・B循環)白子駅西~鈴鹿中央病院~鈴鹿市駅~白子駅西 を 白子駅西~鈴鹿中央病院系統と、白子駅西~鈴鹿市駅~鈴鹿中央日病院系統に分割
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 亀山国府線 飯野高校~平田町駅間延長(下校時運行)
・三重交通 停留所名称変更 「高岡団地」→「高岡台」、「久間田支所」→「久間田西」
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 亀山みずほ台線 「井田川駅」に乗り入れ
・三重交通 停留所名称変更 「ベルシティ正面前」→「イオンモール鈴鹿正面前」、「ベルシティけやき通り」→「イオンモール鈴鹿けやき通り」

2012年10月1日改正内容
・三重交通 津太陽の街線 全便杜の街経由に変更。

2016年4月1日停留所名称変更
・三重交通 「鈴鹿国際大学」→「鈴鹿大学」

鈴鹿市西部・南部地域コミュニティバス

2000/3/10 2000年3月10日
・西部地域コミュニティバス 運行開始
2001/3/10 2001年3月10日
・路線変更
2003/4/1 2003年4月1日
・庄内・神戸線 ジェフリーすずかへ延長
・停留所名称変更 荒神山→荒神山・フラワーパーク、各地区の「出張所」→「地区市民センター」
2004/12/24 2004年12月25日
・フィーダー路線 広瀬・上田線、鈴鹿I.C.北部循環線新設
2005/10/1 2005年10月1日
・南部地域コミュニティバス 白子・平田線、太陽の街・平田線 運行開始
2006/4/1 2006年3月31日
・フィーダー路線 広瀬・上田線、鈴鹿I.C.北部循環線の実証運行を終了
2007/3/19 2007年3月19日
・南部地域コミュニティバス 白子・平田線、太陽の街・平田線 経路変更
2009/4/1 2009年4月1日
・路線延長 白子・平田線 白子駅西~白子サンズ間延長(一部の便)
・経路変更 太陽の街・平田線 太陽の街内の経路を変更
・白子・平田線 一部の便は国府台東~国府幼稚園間をショートカットする経路に変更
・停留所新設 「山本東」「西部F1マート」「くまだ保育園」「白子サンズ」「鈴鹿コミュニティー」「太陽中央公園」「太陽通り東」 「サンモール前」「道伯町」
・椿・平田線 「長沢野田口」は椿地区循環前にも停車
・停留所名称変更 「一号舘」→「伊船町東」
・停留所廃止 太陽の街・平田線 「さくら通り」「中瀬古駅」「住吉二丁目」

・ネーミングライツを導入
2011/4/1 2011年4月1日
・白子・平田線:鈴鹿回生病院経由・非経由系統を、すべて鈴鹿回生病院経由に変更。
・太陽の街・平田線:鈴鹿ハイツ経由・非経由系統を、すべて鈴鹿ハイツ経由に変更。鈴鹿コミュニティ乗り入れを廃止。

2012年4月1日停留所名称変更
・「ベルシティ」→「イオンモール鈴鹿」、「すずのね作業所」→「すずのね」

2013年4月1日スポンサー変更
・道伯新田[ユーカリ動物病院前]→道伯新田

2015年4月1日停留所名称変更
・スポーツガーデンぐち[路線図ドットコム]→三重交通Gスポーツの杜鈴鹿ぐち[路線図ドットコム]

亀山市バス

2000/12/1 2000年12月1日
・運行開始
2001/4/1 2001年4月1日
・総合健康福祉センター前へ乗入れ

2002年4月1日
・「西野南」停新設

2004/10/1 2004年10月1日
・野登・白川地区自主運行バス運行開始
2005/10/1 2005年10月1日
・さわやか号 経路変更
2008/11/1 2008年11月1日
・東部ルート試行運行開始
・南部ルート 運行開始
2012/4/1 2012年4月1日
・停留所名称変更 「下白川」→「白川郵便局」
2015/10/1 2015年10月1日
・東部ルートを再編
2016/10/1 2016年10月1日改正内容
・南部ルートの経路を大幅に変更
2017/10/2 2017年10月2日改正内容
・西部Aルート:路線名を「西部ルート」に変更。
 「西野公園口」を通る経路に変更。木下経由の経路を新設。
 「野村」「野尻」「布気」「太岡寺」「朝明山」「山下」「木下」「古厩北」停留所を新設。
 停留所名称変更 「鷲山公民館」→「鷲山」

<2005/1/11版まで>亀山市 関町巡回バス・福祉バス <2007/12/1版から>亀山市 西部Aルート・福祉バス

2003/11/4 2003年11月4日
・巡回バス試運行開始

2004年4月1日
・停留所新設 泉ヶ丘
2004/7/1 2004年7月1日
・関町福祉バス有料化 路線図に掲載
2005/1/11 2005年1月11日
・町村合併により、亀山市に
2007/12/1 2007年12月1日
・亀山市 西部Aルートを試行運行開始。
・亀山市 関町巡回バスを廃止。
  亀山市バス路線図に統合

<2005/10/1版まで>津地区 <2006/1/1版から>津市北部地区

1999/4/1  
1999/10/12 1999年10月12日
・看護大学・夢が丘線ノンステップバス運行開始
2000/4/1 2000年4月1日
・椋本線 椋本Aコープ前~関バスセンター間延長
・椋本線 ノンステップバス運行区間延長
・米津一身田線 西阿漕経由新設
・津西ハイタウン線 船頭町系統を岩田橋止めに。津駅西口を経由する。
・神戸白塚線 鎌切~西部市民センター間休止
・乙部線、半田高洲線、上野・津線 休止
・殿舟団地線 サティ~大学病院間休止
・F津北整形外科前 停新設

2000年7月1日
・三重交通停留所名称変更 「第四保健衛生大学病院前」→「七栗サナトリウム前」
2001/4/1 2001年4月1日
・松阪線を分割し、小野江線と津・雲出線に
・三重交通 久居高茶屋線 久居駅を西口から東口に変更
・三重交通 米津一身田線 乙部朝日経由の休止
・三重交通停留所名称変更 「椋本Aコープ前」→「椋本郵便局前」,「河芸町役場前」→「朝陽中学校前」
2001/5/15 2001年5月15日
・三重交通 津駅西団地循環線 船頭町発着を津新町駅発着に変更
2002/4/1 2002年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 七栗農協前→JA栗葉支店前
・三重交通 米津一身田線 乙部朝日経由の新設
・三重交通 安濃線 米津発着の休止
・安濃町自主運行バス 安濃岡南発着を安濃町役場前発着に変更

2002年5月1日
・停留所新設 サンシ前
2002/9/24 2002年9月24日
・三重交通 津太陽の街線 杜の街へ乗入れ

2002年10月1日
・三重交通 停留所名称変更 鈴鹿サティ→ふれあいセンター
2003/4/1 2003年4月1日
・津新町米津線、米津倉紡廃止、(白子~)太陽の街線廃止
・停留所名称変更 日本鋼管→雲出鋼管町、F研修所→F研究所、慈光院前→一身田北
・榊原温泉系統、室の口系統の一部は、久居駅で乗り継ぎとなります
・美里村コミュニティバス運行開始
・芸濃町コミュニティーバス本格運行開始
2003/6/30 2003年6月30日
・大里線(津新町~三重病院) 経路変更により、F大沢池、大里、みどりヶ丘停留所を廃止
2003/11/4 2003年11月4日
・白子太陽の街線を新設(鈴鹿市自主路線、三重交通が運行)
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 安濃線 安西橋~椋本間廃止
・三重交通 停留所名称変更 三重工事事務所前→三重河川国道事務所前、美里中学校前→栗原
2005/2/17 2005年2月17日
・三重交通 津なぎさまち線新設
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通辰水線 長谷山口経由系統を廃止(今徳経由は存続)
・三重交通 米津~津駅西口~西高校系統を廃止
・三重交通停留所名称変更 芸濃町役場前→椋本新町西

2005年7月1日
・三重交通 港海岸停を新設
2005/9/26 2005年9月26日
・三重交通 椋本線 西睦合~サイエンスシティ間新設
2005/10/1 2005年10月1日
・三重交通 白子太陽の街、松阪小野江線線廃止。
・三重交通 亀山椋本線(亀山駅前~天神間)経路変更。「天神前」停を移設し、「天神」に停名変更。
2006/1/1 2006年1月1日
・市町村合併により、津市、久居市、芸濃町、河芸町、美里村、安濃町、香良洲町、一志町、白山町、美杉村は津市に
2006/4/1 2006年4月1日
・三重交通 椋本線 三重会館~津駅前~関バスセンター系統を廃止(関バスセンター~新屋敷間が廃止)

2006年4月10日
・停留所名称変更 美里役場前→美里総合支所前、安濃町役場前→安濃庁舎前、榊原療養所前→榊原病院前、香良洲役場前→香良洲総合支所前
2006/7/20 2006年7月20日
・南紀特急バス 津発着系統(三重大学病院~津駅~尾鷲~熊野~三交南紀)を新設
2007/4/9 2007年4月9日
・三重交通 椋本線 大学病院乗り入れ系統を廃止
・三重交通 米津一身田線 乙部朝日経由系統を廃止
・三重交通 波瀬線(高野団地・室の口方面)は、久居駅で乗り換え。(浪瀬線は、三重中央医療センター~久居駅~室の口間の運行となる)
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 津太陽の街線 津駅~三重会館間を廃止
2009/4/1 2009年4月1日
・三重交通  看護大学夢が丘線 津駅西口~三重会館循環系統を廃止
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 住友前→高茶屋西
・コミュニティバス路線を再編 芸濃コミュニティーバス→津市コミュニティバス(芸濃地域)、美里コミュニティバス→津市コミュニティバス(美里地域)となる。

2011年4月1日改正内容
・三重交通 停留所名称変更 「サティ」→「イオン津」

2011年7月1日改正内容
・南紀特急バス 停留所新設 「マンボウ」
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 津西ハイタウン線の一部の便を津西ハイタウンから夢が丘団地まで延長
2012/10/1 2012年10月1日改正内容
・三重交通 榊原線 榊原温泉口系統は榊原車庫前連絡に変更。
・三重交通 津太陽の街線 全便杜の街経由に変更。
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・三重交通 榊原線 一部の便が「七栗サナトリウム前」(建物前)を経由。
・三重交通 停留所名称変更 「七栗サナトリウム前」→「七栗サナトリウム口」、「F保育園」→「西が丘小学校前」

2016年1月1日停留所名称変更
・三重交通 「七栗サナトリウム口」→「藤田保健衛生大学七栗記念病院口」、「七栗サナトリウム前」→「藤田保健衛生大学七栗記念病院前」

2016年3月3日から
・三重交通 津なぎさまち~伊勢を運行開始。津なぎさまちにて、津エアポートラインに乗り換えできます。
2016/4/1 2016年4月1日改正内容
・三重交通 神戸白塚線 緑が丘団地~泉ヶ丘団地間路線延長。「野田」停留所を新設。また、大学病院~泉ヶ丘団地系統を新設(平日運行)。
・三重交通 殿舟団地線 津駅~殿舟団地間に短縮。イオン津、大学病院への運行をとりやめ。
・三重交通 長野線 平木発着系統は「片田団地」に乗り入れ(一部の便を除く) 
・三重交通 安濃線 津新町~三本松間の経路を変更。三重会館~津駅間を延長。「津高校口」「西古河町」停留所を新設。「八町」「西橋内中学校」停留所を廃止。
・三重交通 津三雲線 一部の便は「空港アクセス港」を経由。
・三重交通 久居高茶屋線 一部の便は「長常北」を経由。「長常北」停留所を新設。
・三重交通 津駅西団地循環線 西団地方面から津駅西口~西新町~津新町間の運行がなくなります。(津西ハイタウン線が運行)
・三重交通 津西ハイタウン線 津西ハイタウン(むつみヶ丘j経由)から津駅西口~西新町/武内病院前~三重会館~津新町への直通系統を新設。岩田橋への直通系統は廃止。
・三重交通 停留所名称変更 「サンバレー」→「高茶屋小森南」、「辰水農協前」→「辰水神社前」、「鈴鹿国際大学」→「鈴鹿大学」

2016年4月24日から
・三重交通 三行線 「道の駅津かわげ」にほとんどの便が乗り入れ
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・三重交通 南紀特急バス 津~熊野を廃止
・三重交通 06神戸白塚線 白塚発着 昼間の便は大学病院を経由
・三重交通 停留所名称変更 「香良洲農協前」→「香良洲郵便局」

津市コミュニティバス(美里地域)

2003/4/1 2003年4月1日
・運行開始
2003/6 変更日不明
・辰水小学校には乗り入れない
2004/4/1 2004年4月1日
・4コースを2コースに統合
・東山、瑞晃苑へ新たに乗り入れ
2004/5/6 2004年5月6日
・辰水(右廻り)コースの一部の便は、五百野・外山を経由
2005/4/1 2005年4月1日
・辰水コース 全便 外山経由に変更 外山~清水への経路に変更
・長野・高宮コース 瑞晃苑には行きません
2006/1/1 2006年1月1日
・町村合併により、津市に
・「美里村営コミュニティバス」→「美里コミュニティバス」
2010/4/1 2010年4月1日改正内容
・コミュニティバス路線を再編 榊原方面へ路線延長
・美里コミュニティバス→津市コミュニティバス(美里地域)となる。
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・長野・高宮ルート 「足坂」に停車
2013/4/1 2013年4月1日改正内容
・長野・高宮ルート 湯の瀬まで路線延長
・停留所廃止 「美里ホームランド」
・休日も運行

2014年10月1日
・停留所新設 「市場」

2016年4月1日
・停留所新設 「いなば園前」

<2003/4/1版まで>久居・美杉地区 <2006/1/1版から>津市南部地区

1999/4/1  
2000/4/1 2000年4月1日
・御杖村内の奈良交通は、御杖村営バスに移管

2000年7月1日
・三重交通停留所名称変更 「第四保健衛生大学病院前」→「七栗サナトリウム前」
2001/4/1 2001年4月1日
・三重交通 久居高茶屋線 久居駅を西口から東口に変更
・三重交通停留所名称変更 「井関製紙前」→「谷戸」(たんど)

2002年4月1日
・三重交通停留所名称変更 「七栗農協前」→「JA栗葉支店前」
2003/4/1 2003年4月1日
・停留所名称変更 日本鋼管→雲出鋼管町、F研修所→F研究所
・榊原温泉系統、室の口系統の一部は、久居駅で乗り継ぎとなります

2004年4月1日
・停留所名称変更 国立三重中央病院→三重中央医療センター
2006/1/1 2006年1月1日
・市町村合併により、津市、久居市、芸濃町、河芸町、美里村、安濃町、香良洲町、一志町、白山町、美杉村は津市に

2006年4月10日
・停留所名称変更 榊原療養所前→榊原病院前、香良洲役場前→香良洲総合支所前
2007/4/9 2007年4月9日
・三重交通 波瀬線 三重中央医療センターへ直通運行
2010/4/1 2010年4月1日
・コミュニティバス路線を再編 白山コミュニティバス→津市コミュニティバス(白山地域)、美杉コミュニティバス→津市コミュニティバス(美杉地域)となる。

2011年4月1日改正内容
・三重交通 停留所名称変更 「ジャスコ前」→「久居インターガーデン」
2012/10/1 2012年10月1日改正内容
・三重交通 榊原線 榊原温泉口系統は榊原車庫前連絡に変更。
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・三重交通 榊原線 一部の便が「七栗サナトリウム前」(建物前)を経由。
・三重交通 停留所名称変更 「七栗サナトリウム前」→「七栗サナトリウム口

2016年1月1日停留所名称変更
・三重交通 「七栗サナトリウム口」→「藤田保健衛生大学七栗記念病院口」、「七栗サナトリウム前」→「藤田保健衛生大学七栗記念病院前」
2016/4/1 2016年4月1日改正内容
・三重交通 久居高茶屋線 一部の便は「長常北」を経由。「長常北」停留所を新設。
2017/4/3 2017年4月3日改正内容
・津市コミュニティバス(美杉地域) 飯垣内~奥津交差点間に路線新設

2017年5月1日 津市コミュニティバス美杉地域 停留所名称変更
・「八幡出張所前」→「伊勢奥津駅前」、「奥津交差点」→「津市家庭医療クリニック北」

<2004/11/6版まで>白山町民バス <2006/1/1版から>白山コミュニティバス

1999/4/1  
2001/3/1 停留所増設(実施日未調査):Fグリーンタウン、グリーンタウン東、F藤
停留所名称変更(実施日未調査):下小場公民館前→山田野美里区

2003年10月1日
・「きずな」に乗り入れ
・名称変更「F八ツ山局前」→「八ツ山駐在所前」
2004/11/6 2004年11月6日
・文化センターに乗り入れ
・三ヶ野循環線は、休日は両回りに
2006/1/1 2006年1月1日
・市町村合併により、白山町は津市に
・「白山町民バス」→「白山コミュニティバス」
・停留所名称変更 白山町役場前→白山総合支所前
2010/4/1 2010年4月1日
・コミュニティバス路線を再編 竹原方面へ路線延長
・白山コミュニティバス→津市コミュニティバス(白山地域)となる。
2011/4/1 2011年4月1日
・停留所名称変更 「一志病院前」→「白山高校前」
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・「マックスバリュ(川口店)」に乗入れ
・停留所名称変更 「ニューライフ前」→「立町北」
2013/4/1 2013年4月1日改正内容
・竹原ルート→家城ルートに路線名変更 一志病院までの運行(一志病院~竹原間は川上・丹生俣ルートが運行)
・循環三ヶ野ルートの回り方を変更
・美杉地域 循環型路線を川上ルート、丹生俣ルートの往復型路線に変更。一部の便はマックスバリュ(川口店)へ延長。
・逢坂・飼坂ルート 三多気地域を新たに運行。

2014年4月1日改正内容
・循環三ヶ野ルート 「三ヶ野中出」停留所が移設し、「三ヶ野北谷」に名称変更。
・川上ルート、丹生俣ルートが「関ノ宮」に停車。
2016/4/1 2016年4月1日
・停留所新設 「伊勢鎌倉駅前」、「三多気集会所」、「エーコープJAみすぎ店前」(一部の便が乗り入れ)
2017/4/3 2017年4月3日改正内容
・逢坂・飼坂ルート 飯垣内~奥津交差点間に路線新設

2017年5月1日 美杉地域停留所名称変更
・「八幡出張所前」→「伊勢奥津駅前」、「奥津交差点」→「津市家庭医療クリニック北」

<2000/4/1版まで>美杉村営 <2006/1/1版から>美杉コミュニティバス

1999/4/1  
2000/4/1 2000年4月1日
・逢坂線新設
・丹生俣線 一志病院へ延長
・美杉南小学校前停新設
2006/1/1 2006年1月1日
・市町村合併により、美杉村は津市に
・「美杉村営バス」→「美杉コミュニティバス」
・停留所名称変更 役場前→津市美杉庁舎前、上多気資料館前→ふるさと資料館前、ふれあいプラザ竹原前→竹原地域住民センター前、八幡保育所前→八幡保育園前
2010/4/1 2010年4月1日
・コミュニティバス路線を再編 循環路線化
・美杉コミュニティバス→津市コミュニティバス(美杉地域)となる。
2010/7/1 2010年7月1日
・一志病院~竹原間延長

※2013/4/1 白山コミュニティバス路線図と統合


<2003/4/1版まで>松阪・飯高地区 <2005/1/1版から>松阪地区

1999/4/1  
1999/9/16 1999年9月16日
・松阪大石線 経路変更
・松阪市内線 8系統 新四ツ又経由松阪大学正門前系統を新設
・松阪市内線 パークタウン学園前系統の一部を松阪大学正門前を経由
2000/4/1 2000年4月1日
・大杉線 シャープ正門前系統を新設
・阿阪線と高田線を1路線に統合。
・黒部線,松阪五桂線休止
2000/4/25 2000年4月25日
・松阪伊勢線の大多数を早馬瀬口、世古止めに
・松阪伊勢線の垣鼻~パティオひの街~松阪駅前間を休止
2000/10 2000年10月
・松阪市内線 県松阪庁舎前~松阪合同庁舎間延長
2001/4/1 2001年4月1日
・津・松阪線を分割し、小野江線と津・雲出線に
・大口線休止
・停留所新設 「阿波曽西」
2002/4/1 2002年4月1日
・ハイタウン松阪線 松阪駅前~松阪中央病院間を西林経由に変更
・松阪市内線(07) 松阪駅前~駅部田~松阪大学正門前系統休止
・松阪市内線(08) 松阪駅前~新四ツ又~松阪大学正門前系統両方向運行
・松阪市内線(01) 川井町循環系統は松阪駅前発着に
2002/10/1 2002年10月1日
・松阪市内線(01) 松阪駅前~川井町系統を廃止
2003/4/1 2003年4月1日
・新松阪経由松阪大学行は、スクール化
・松阪大石線、大杉線 経路変更
 国道射和経由を射和経由に変更
 相可高校系統は、松阪大石線の一部が経由する
 シャープ正門前系統は、中万団地より国道42号を経由

2004年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 松阪木協前→朝田、茶屋→栃原
2005/1/1 2005年1月1日
・市町村合併により、松阪市・嬉野町・三雲町・飯南町・飯高町は松阪市に
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通 宇気郷線区間延長(従来の柚原を柚原口に変更し、柚原(アララギ入口)へ延長)
・三重交通 三重高校前→垣鼻→松阪駅前 系統廃止
・三重交通 ハイタウン松阪線 「ハイタウン南」停を廃止
・停留所名称変更 飯高町役場前→飯高地域振興局、飯南町役場前→飯南地域振興局、柚原→柚原口、松阪大学→三重中京大学、松阪大学口→三重中京大学口
2005/10/1 2005年10月1日
三重交通 松阪小野江線廃止

2006年1月1日
・市町村合併により、多気町、勢和村は多気町に
2006/4/1 2006年4月1日
・阿坂小野線:五曲り~F促進住宅間の経路を変更。パワーセンター松阪経由に変更。
2006/7/20 2006年7月20日
・南紀特急バス改正
 松阪~熊野の系統は、津発着に変更。
 停車停留所を変更。花田は通過。
 停留所名称変更 国道射和→射和小学校前
2006/12/20 2006年12月20日
・空港アクセス・三雲松阪コミュニティバス運行開始
2007/2/10 2007年2月10日
・南紀特急バス(尾鷲系統) 尾鷲せぎやまホール前~熊野古道センター間延長
2007/4/1 2007年4月1日
・ハイタウン松阪線廃止
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 松阪伊勢線 松阪駅前~早馬瀬口間廃止

2008年6月1日
・空港アクセス線・三雲松阪線 停留所新設 「マックスバリュ郷津店前」
2009/4/1 2009年4月1日
・三重交通 藤木屋線廃止(大紀町「七保バス」を運行開始)
・三重交通 上木梶系統を分離 「松阪駅前~森~スメール」「スメール~森~上木梶」
・三重交通 伊勢大淀線廃止
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 飯南波瀬線 森~上木梶間は3/30の運行をもって廃止
 4月1日より、「飯高波瀬森コミュニティバスたかみ」を運行開始
2010/6/1 2010年6月1日
・松阪市コミュニティ交通 空港アクセス線・三雲松阪線は別々の路線となりました。(乗継制度あり)
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 飯南波瀬線 昼間の便が「アドバンスモール」に乗り入れ
・三重交通 大杉線(三瀬谷系統) 昼間の便が「多気クリスタルタウン」に乗り入れ
・三重交通 大杉線(シャープ正門前系統) 射和経由を新設
・三重交通 松阪市内線 一部の便が「三重中京大学」を経由

2011年7月1日改正内容
・南紀特急バス 停留所新設 「マンボウ」
2011/8/29 2011年8月29日改正内容
・三重交通 嬉野線は、松阪市コミュニティ交通「嬉野おおきんバス」にかわります。
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 阿坂小野線 小野~嬉野一志町間路線延長。一部の便が松阪中央病院に乗り入れ。
・三重交通 停留所名称変更 「飯高地域振興局前」→「道の駅飯高駅」、「延寿院前」→「百花苑前」
・三重交通 停留所を休止 「中万口」「中万」

2012年12月21日停留所名称変更
・松阪市コミュニティ交通 「宮脇書店」→「ココカラファイン嬉野店中川駅北」
2013/4/1 2013年4月1日改正内容
・三重交通 停留所名称変更「三重中京大学口]→「梅村学園口」、「中部中学校前」→「中部中学校口」、
「松尾中学校前」→「松尾中学校口」、「大河内学校前」→「大河内小学校前」、「庄幼稚園前」→「射和幼稚園前」、
「茅原保育所前」→「つばな保育園前」、「有間野」→「有間野口」、「小屋切」→「木屋切」、
「阪内幼稚園前→「阪内御所」、「センター前」→「日丘町センター前」、「小学校前」→「阿坂小学校前」
・松阪市 嬉野おおきんバス 停留所新設「Aコープうれしの」
・松阪市 嬉野おおきんバス 停留所移設・名称変更 「豊地公民館」→「豊地」

2013年10月1日停留所名称変更
・三重交通  「相可」(松阪大石線)→「相可一区」、「相可」(大杉線)→「相鹿上神社前」、「相可天理教前」→「多気中学校前」
2014/4/1 2014年4月1日改正内容
・三重交通  松阪大石線 「中万」「中万口」停留所を再開。
・松阪市コミュニティバス 嬉野おおきんバス 停留所新設「上野」「神ノ木台」「島田」「島田口」
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・三重交通 松阪大石線 相可一区経由相可高校前行を相鹿上神社前経由に変更。
・三重交通 停留所名称変更「柚原口」→「うきさとむら前」
2016/12/20 2016年12月20日改正内容
・津エアポートライン松阪航路は2016年12月19日の運航をもって休止となりました。
・松阪市コミュニティバス 空港アクセス線は大口線に路線名を変更。松阪港(名称変更後の名称)が終点になります。
・松阪市コミュニティバス 「松阪港・空港アクセス」停留所を廃止。「空港アクセス第二駐車場前」→「松阪港」に停留所名称を変更。

<2002/4/1版まで>多気町町民バス・勢和村村民バス、勢和村巡回バス <2006/1/1版から>多気町町民バス、多気町勢和巡回バス <2009/4/1版から>多気町営バス

1999/4/1 2000年1月1日
・「仁田工業団地前」を新設 
2001/4/1 ・2000年7月1日
相鹿瀬線停留所新設

2001年4月1日
・丹生線停留所新設
2001/8/1 2001年8月1日
・勢和村巡回バス運行開始
2002/4/1 2002年4月1日
・西相鹿瀬線 多気駅~弟国~下朝長口~下河田(折り返し)間 路線新設
・丹生線・西相鹿瀬線 「多気中学校前」停新設
2004年4月1日
・勢和村巡回バス 「老人憩いの家前」停を新設
2006/1/1 2006年1月1日
・市町村合併により、多気町、勢和村は多気町に
・「勢和村村民バス」→「多気町町民バス」
・「勢和村巡回バス」→「多気町勢和巡回バス」
・停留所名称変更 勢和村役場→勢和振興事務所
2006/4/1 2006年4月1日
・丹生線 相可地内経路変更(相可駅を経由)
2007/9/3 2007年9月3日
・「佐奈線」「西池上線」新設(本格運行開始)
2008/6/19 2008年6月19日
・多気町町民バス クリスタルタウンに乗り入れ
2009/4/1 2009年4月1日
・「多気町民バス」、「勢和巡回バス路線」を、「幹線バス」と「予約運行小型バス6路線」に再編 
2013/10/1 2013年10月1日改正内容
・停留所新設 「勢和図書館」
・停留所廃止 多気駅~下河田間、「射和」「仁田工業団地前」「出江口」
・停留所名称変更 「波多瀬保育園」→「波多瀬集会所」

2014年4月1日
・3月31日をもっって「四疋田」停留所を廃止。
2015/6/1 2015年6月1日改正内容
・幹線 波多瀬集会所~元丈の館間 路線延長

伊勢地区

1999/4/1  
2000/4/1 2000年4月1日、
・南勢町の五ヶ所~相賀間は南勢町営バス移管
2000/4/25 実施日未調査
・中川線 停留所名称変更「棚橋東口」→「度会養護学校前」

2000年4月25日
・伊勢二見鳥羽周遊バス「CANばす」運行開始
・二見内宮線・サンアリーナ線・伊勢鳥羽線(光の街系統)を統合し、二見アリーナ線を新設
・鳥羽~商船学校前系統を新設
・伊勢鳥羽線線の経路を変更。前田古市口経由を休止。
・伊勢二見鳥羽ライン経由内宮鳥羽線を休止。

2000年9月27日
・「CANばす」 サンアリーナ、池の浦に停車
2000/10/20 2000年10月20日
・有滝線、玉城線を三交伊勢志摩交通に路線譲渡
2001/6/1 2001年6月1日
・小俣町福祉バス 路線再編

2001年7月1日
・土路今一色線「今一色」停を移設。「西浜」停を新設。

2001年10月1日
・中川線「度会団地前」停を新設。
2002/4/1 2002年4月1日
・南島線 道方~南島棚橋間町営バス化
・中川線 自主運行
2002/12/16 2002年12月16日
・CANばす 鳥羽付近経路変更
2003/4/1 2003年4月1日

・伊勢鳥羽線 夫婦岩東口系統を宇治山田駅前発着に
・伊勢宿浦線 志摩病院経由系統新設
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 CANばす経路変更 二見浦旅館街経由を二見町役場前経由に
・三重交通 停留所名称変更 内宮・おはらい町入口→おはらい町入口、二見および二見バスセンター→二見浦表参道
・三重交通 停留所新設 「民話の駅 蘇民前」
・三重交通 伊勢鳥羽線 宇治山田駅前~夫婦岩東口系統の廃止
・三重交通 土路今一色線 上下とも宇治山田駅前停車に
・三重交通 二見サンアリーナ線 夫婦岩東口へ延長
・三重交通 内宮鳥羽スカイライン線 季節運転に
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通 二見サンアリーナ線 一部の便はジャスコ新伊勢店に乗り入れ
・三重交通停留所名称変更 戦国時代村→伊勢・安土桃山文化村
2005/10/1 2005年10月1日
・CANばす 宇治山田駅前~河崎商人館駐車場間延長

2005年11月1日
・市町村合併により、伊勢市・二見町・小俣町・御薗村は伊勢市に

2005年12月1日
・CANばす停留所名変更 二見町役場前→二見総合支所前
2006/4/1 変更日未調査
・三重交通 朝熊線 五十鈴川駅間~伊勢病院前間延長
・三重交通 沼木線  床ノ木~大倉うぐいす台系統を、床ノ木~伊勢市駅前に変更

2006年4月1日
・三交伊勢志摩交通 玉城線 田丸駅前に乗り入れ
・三重交通 停留所名称変更 二見町役場前→二見総合支所前、小俣町役場前→小俣総合支所前
2007/4/1 2007年4月1日
・三重交通 朝熊線廃止
・三重交通 停留所名称変更 度会高校前→南伊勢高校度会校舎前
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 松阪伊勢線 松阪駅前~早馬瀬口間廃止
2008/4/20 2008年4月20日
・三交伊勢志摩交通 有滝線 伊勢女子高前経由を新設
・三重交通 停留所名称変更 内城田小学校前→度会小学校前、度会養護学校前→度会特別支援学校前、ジャスコ新伊勢店→ジャスコ伊勢店
  大湊支所前→八幡宮前
・三重交通、三交伊勢志摩交通 停留所移設 共敬→小俣郵便局前(伊勢大淀線も停車するようになる)
2009/4/1 2009年4月1日
・三重交通 伊勢大淀線廃止
・三重交通 停留所名称変更 伊勢平安閣→井倉、伊勢女子高前→伊勢学園前、神鋼前→シンフォニアテクノロジー(旧神鋼前)、鳥羽神鋼前→シンフォニアテクノロジー(旧鳥羽神鋼前)
2009/10/1 2009年10月1日
三重交通 伊勢鳥羽線 伊勢・安土桃山文化村乗入れ系統を廃止
2010/3/19 2010年3月19日
・三重交通 CANばす
 一部区間廃止 宇治山田駅~河崎商人館駐車場間
 鳥羽側の起終点を、「鳥羽水族館・ミキモト真珠島」に変更。
 土休日の「おはらい町入口」停車を「内宮前」に変更。(平日・土休日とも「内宮前」停車となります)

2010年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 F下野工業団地前→下野工場団地口

2011年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 「ジャスコ伊勢店」→「イオン伊勢店」
2012/1/4 2012年1月4日
・三重交通 山田赤十字病院移転に伴い経路変更
 伊勢市内線、御座線、宿浦線の「山田赤十字病院」発着系統は、「伊勢赤十字病院」(新病院)発着に変更。
 停留所名称変更 「山田赤十字病院」→「宮町駅東口」
2013/7/3 2013年7月3日から、
・三重交通 神都バスを運行開始
2013/7/20 2013年7月20日から、
・三重交通 参宮バスを運行開始
2014/1/1 2014年1月
・内宮鳥羽スカイライン線 の正月運行は無し
2014/5/1 2014年5月1日
・三重交通 沼木線(伊勢市駅前・沼木中学校前~床ノ木)は廃止になりました。「沼木バス」をご利用ください。
2015/4/1 2015年4月1日
・三重交通 参宮バス外宮・夫婦岩ルート 経路変更(月夜里宮、伊勢・安土桃山文化村へは行きません)
・三重交通 参宮バス スカイラインルート 経路変更(内宮前発着を五十鈴川駅発着に変更)

2016年3月3日から
・三重交通 津なぎさまち~伊勢を運行開始。津なぎさまちにて、津エアポートラインに乗り換えできます。
2016/4/1 2016年3月31日の運行をもって、参宮バス 外宮・夫婦岩ルートは廃止。
2016年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 「二見浦東口・二見シーパラダイス前」→「二見浦東口・伊勢シーパラダイス前」

小俣町福祉バス

2000/5/1 2000年5月1日
・運行開始 
2001/6/1 2001年6月1日
・路線再編

2005年8月1日
・停留所追加 「保健センター」「サンファームおばた」
2005/11/1 2005年11月1日
・市町村合併により、小俣町は伊勢市に

<2012/4/1版まで>鳥羽・志摩地区  <2013/1/1版から>志摩地区

1999/4/1    
2000/4/1 2000年4月1日
・八反田を保健福祉センターに名称変更
・伊勢五ヶ所線 南勢野添~相賀間 南勢町営バスに移管
・南勢町営バス運行開始
 
2000/4/25 2000年4月25日
・伊勢二見鳥羽周遊バス「CANばす」運行開始
・二見内宮線・サンアリーナ線・伊勢鳥羽線(光の街系統)を統合し、二見アリーナ線を新設
・鳥羽~商船学校前系統を新設
・伊勢鳥羽線線の経路を変更。前田古市口経由を休止。
・伊勢二見鳥羽ライン経由内宮鳥羽線を季節運行に
 
2000/9/1 2000年9月1日
・パールロード特急 石鏡口止めを石鏡港へ延長

2000年9月27日
・「CANばす」 サンアリーナ、池の浦に停車
 
2001/4/1 2001年4月1日
・御座線、伊勢宿浦線 志摩スペイン村系統の休止
・安乗線 渡鹿野渡船場経由系統の新設

2002年4月1日
・鳥羽市内線 停留所新設 「高山」停
 
2002/12/16 2002年12月16日
・CANばす 鳥羽付近経路変更
 
2003/4/1 2003年4月1日
・伊勢鳥羽線 夫婦岩東口系統を宇治山田駅前発着に
・パールロード特急線 鳥羽展望台乗り入れ廃止、タラサ志摩全日空ホテルに新たに乗り入れ
・磯部的矢線 かがやきへ延長
・伊勢宿浦線 志摩病院経由系統新設
 
2003/9/1 2003年9月1日
・パールロード特急線 本浦港乗り入れ
・停留所名称変更 タラサ志摩全日空ホテル→タラサ志摩ホテル&リゾート、F料金所前→F漁り火の森、渡鹿野南口→国道坂の上
 
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 CANばす経路変更 二見浦旅館街経由を二見町役場前経由に
・三重交通 停留所名称変更 内宮・おはらい町入口→おはらい町入口、二見および二見バスセンター→二見浦表参道
・三重交通 停留所新設 「民話の駅 蘇民前」
・三重交通 伊勢鳥羽線 宇治山田駅前~夫婦岩東口系統の廃止
・三重交通 内宮鳥羽スカイライン線 季節運転に
 
2004/7/12 2004年7月12日
・磯部町町民バス運行開始
・三重交通 かがやき的矢線 磯部バスセンター~かがやき間廃止

2004年10月1日
・町村合併により、磯部町・阿児町・浜島町・大王町・志摩町は志摩市に

2005年2月17日
中部国際空港アクセスバス新設。
 
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通停留所名称変更 戦国時代村→伊勢・安土桃山文化村
・三重交通 パールロード特急線 磯部バスセンター系統を休止
 
2005/10/1 2005年10月1日
・市町村合併により、南勢町・南島町は南伊勢町に
・市町村合併に伴い路線図の地区割り変更 旧南島町を統合
・CANばす 宇治山田駅前~河崎商人館駐車場間延長

2005年12月1日
・CANばす停留所名変更 二見町役場前→二見総合支所前
 
2006/4/1 2006年4月1日
・三重交通 浜島港線 浜島港~磯辺バスセンター系統を廃止(浜島港~鵜方駅前系統は存続)
・三重交通 停留所名称変更 二見町役場前→二見総合支所前 、磯部町役場前→磯部支所前、阿児町役場前(御座線)→志摩庁舎前、阿児町役場前(安乗線)→阿児支所前、大王町役場前→大王支所前、フリー志摩町役場前→フリー志摩支所前
 
2007/3/1 2007年3月1日
・志摩スペイン村への最寄り駅を「志摩磯部」駅から「鵜方」駅に変更。
・賢島スペイン村線 賢島駅前~鵜方駅前~志摩スペイン村系統を増強。「賢島宝生苑」「志摩観光ホテル」「志摩マリンランド」停を新設。
・磯部スペイン線(磯部駅前~志摩スペイン村間)を廃止

2008年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 簡保保養センター前→かんぽの宿鳥羽
 
2009/1/7 2009年1月7日
・三重交通 磯部的矢線(磯部駅前~伊勢志摩ロイヤルホテル前~的矢)を廃止

2009年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 伊勢女子高前→伊勢学園前、、鳥羽神鋼前→シンフォニアテクノロジー(旧鳥羽神鋼前)、大王病院前→志摩市民病院
 
2009/10/1 2009年10月1日
・鳥羽市コミュニティ交通システム「かもめバス」 運行開始
 三重交通 鳥羽市内線、国崎線、パールロード特急線(鳥羽~石鏡港系統)は、「かもめバス」の路線となります。
・三重交通 パールロード特急線(鳥羽~志摩スペイン村)は、土曜日、休日、県立高校の春・夏・冬休み運行
・三重交通 伊勢鳥羽線 伊勢・安土桃山文化村乗入れ系統を廃止
 
2010/3/19 2010年3月19日
・三重交通 CANばす
 一部区間廃止 宇治山田駅~河崎商人館駐車場間
 鳥羽側の起終点を、「鳥羽水族館・ミキモト真珠島」に変更。
 土休日の「おはらい町入口」停車を「内宮前」に変更。(平日・土休日とも「内宮前」停車となります)
 
2010/4/1 2010年4月1日
・鳥羽市かもめバス 鳥羽体育館前、高丘町経由系統を新設
 
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 浜島港線 路線廃止
・三重交通 停留所名称変更 「中央公民館前」→「大王公民館」「磯部支所前」→「磯部小学校前」、「志摩庁舎前」→「志摩市役所前」、「阿児支所前」→「鵜方東」
・三重交通 パールロード線 「タラサ志摩ホテル&リゾート」停を廃止
 
2012/1/4 2012年1月4日改正内容
・三重交通 山田赤十字病院移転に伴い経路変更
 御座線、宿浦線の「山田赤十字病院」発着系統は、「伊勢赤十字病院」(新病院)発着に変更。
 
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 [92]志島循環線 経路変更

2012年8月
・三重交通 停留所名称変更 「F紫光下」→「大江戸温泉物語前」
 
2014/1/1 ・路線図のエリアを変更。鳥羽市を分離。
 
2014/7/1 2014年7月1日から
・三重交通 パールロード特急線は、日曜日運行になります。「本浦港」「石鏡港」は通りません(かもめバスをご利用ください)。
 
2015/4/1 2015年4月1日
・三重交通 3月末の運行をもって、パールロード特急線(鳥羽~志摩スペイン村)、合歓の郷線を廃止。
・三重交通 停留所名称変更 「越賀中学校前」→「越賀西」
 
2015/9/1 2015年9月1日
・三重交通 御座線 磯部バスセンター~水産高校前系統を新設。「水産高校前」停留所を新設。

2016年4月1日
・三重交通  「甲賀西」停留所を新設
 
2016/10/1 2016年10月1日
・南伊勢町営バス 木谷線経路変更
 

南伊勢町営(旧南勢町営)

※2005/9までの南島町は南島地区を参照

2000/4/1  
2003/4/1 2003年4月1日
・神津佐乗り入れは廃止
・切原発は南勢野添へ延長

2003年5月6日
・宿浦漁協前~田曽浦間、宿浦桟橋前経由を宿田曽診療所前経由に経路変更
2003/9/1 2003年9月1日
・神津佐へ乗り入れ
・「沖田」、「ワンバ」停を新設
・停留所名称変更 南勢病院→町立病院
2005/10/1(南勢)
2005/10/1(南島)
2005年10月1日
・市町村合併により、南勢町は南伊勢町に
2007/4/1 2007年4月1日
・南勢地域~南島地域を結ぶ路線を新設

2009年4月1日
・停留所名称変更 南中前→阿曽浦口 南海中学校前→南海園
2012/7/1 2012年7月1日改正内容
・「南島メディカルセンター」へ乗入れ開始
・停留所名称変更 「南島病院前」→「豆方」

2013年1月1日から
・南島南勢連絡バス 五ヶ所~楓江橋間延長。
2014/10/1 2014年10月1日改正内容
・神前~JR伊勢柏崎駅前 運行開始
・停留所名称変更 「五ヶ所小学校」→「南勢小学校」、「南海小学校」→「三浦」、「フリー南島西中」→「大谷」
2016/10/1 2016年10月1日改正内容
・宿浦線 経路変更(国道260号木谷バイパスを通行)
・宿浦線 「田曽白浜」「木谷口」停留所廃止

磯部町町民バス

2004/7/12 2004年7月12日
・運行開始 
2005/3/22 2005年3月22日
・停留所新設 志摩市磯部支所
2008年1月7日
・志摩市民バス(磯部町町民バス)廃止。1/7より、磯部地域予約運行型バス「ハッスル号」を運行。

鳥羽市

2004/1/1 路線図のエリアを変更。鳥羽・志摩地区から鳥羽市を分離。

2014年4月1日
・かもめバス 停留所名称変更 「漁協前」→「安楽島漁協前」
2014/7/1 2014年7月1日から
・三重交通 パールロード特急線は、日曜日運行になります。「本浦港」「石鏡港」は通りません(かもめバスをご利用ください)。
2015/4/1 2015年4月1日
・三重交通 3月末の運行をもって、パールロード特急線(鳥羽~志摩スペイン村)を廃止。

2016年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 「二見浦東口・二見シーパラダイス前」→「二見浦東口・伊勢シーパラダイス前」
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・かもめバス ハローを経由する路線の変更 「小浜~安楽島線」の一部の便はハローを経由するようになります。「鳥羽~国崎線」はハローを経由しなくなります。
・かもめバス 小浜~かんぽ/小涌園線 ウィスタリアン前~鳥羽小涌園間を廃止。路線名を「小浜~ウィスタリアン線」に変更。
・かもめバス 鳥羽小学校~石鏡港線 全便が「海の博物館東」に停車。

<2003/4/1版まで>大台・宮川地区 <2005/2/14版から>大台・大紀地区

1999/7/1  
2000/4/25 2000年4月25日
・南紀特急 三交南紀~新宮駅前・勝浦温泉間休止

2001年7月9日
・南紀特急名古屋便は 三交南紀交通に

2002年4月1日
・名古屋・関・南紀高速線 国道相賀に停車
2003/4/1 2003年4月1日
・三重交通 大杉線,藤木屋線 経路変更
・名古屋・南紀高速線 勝浦温泉へ延長

2004年4月1日
・南紀特急バス 道瀬に停車
・名古屋・南紀高速線 梅ヶ谷に停車
・停留所名称変更 茶屋→栃原
2005/2/14 2005年2月14日
・市町村合併により、大宮町、紀勢町、大内山村は大紀町に
・市町村合併に伴い路線図の地区割り変更

2006年1月10日
・市町村合併により、大台町、宮川村は大台町に
2006/7/20 2006年7月20日
・南紀特急バス改正
 松阪~熊野の系統は、津発着(三重大学病院~津駅~紀伊長島~尾鷲~熊野)となりました。
 停車停留所を変更。花田、大泊は通過。馬瀬に停車。
 停留所名称変更 国道射和→射和小学校前、大宮町→大紀町、紀勢町→柏崎、長島町役場前→紀伊長島総合支所、海山町→紀北町海山

・名古屋南紀高速線改正
 滝原宮前~名古屋間は、高速道路経由に変更。関バスセンターには停車しません。
2007/2/10 2007年2月10日
・南紀特急バス(尾鷲系統) 尾鷲せぎやまホール前~熊野古道センター間延長
2009/4/1 2009年4月1日
・三重交通 藤木屋線廃止
・大紀町「七保バス」 実証運行開始
2009/5/1 2009年5月1日
・三重交通 錦長島線(長島駅前~錦福羅公園)を廃止。
2010/4/1 2010年4月1日
・大紀町「七保バス」 実証運行終了
2011/4/1 2011年4月1日
・三重交通 大杉線(三瀬谷系統) 昼間の便が「多気クリスタルタウン」に乗り入れ
2011/6/1 2011年6月1日改正内容
・三重交通 大杉線 栃原駅前~三瀬谷系統を新設。

2011年7月1日改正内容
・南紀特急バス 停留所新設 「マンボウ」
2013/11/19 2013年11月19日改正内容
・三重交通名古屋・南紀高速線 熊野尾鷲道路への経路変更に伴い「小阪」「賀田口」停留所を廃止
2014/4/25 2014年4月25日改正内容
・三重交通 名古屋南紀高速線 運行区間・停車停留所変更(高速道路経由に変更することにより所要時間短縮)
 「勝浦温泉」 「紀北町海山」「梅ヶ谷」「大内山」は停車しなくなる。
 停留所移設 「新宮市」→「三交新宮駅前」、「紀伊長島」→「紀北町紀伊長島」、「柏崎」→「紀勢大内山インター前」

2014年10月1日
・美並伊勢町営バス 紀伊柏崎駅への路線を新設
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・南紀特急バス、三重交通大杉線  「大台厚生病院」に乗り入れ
・停留所名称変更 「F宮川高校前」→「上三瀬西」、「F大台病院」→「三原日の出町」、「紀伊長島総合支所前」→「みえ熊野古道商工会前」、「紀伊長島→「紀北町役場前」、「県総合庁舎前」→「県尾鷲庁舎前」

2015年5月1日改正内容
・三重交通 南紀特急バス(松阪系統) 「新田」に停車。
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・南紀特急バス、津~熊野を廃止。(松阪~尾鷲系統は存続)

<1999/12版まで>宮川村営バス <2006/1/10版から>大台町営バス

1999/12  
2006/1/10 2006年1月10日
・市町村合併により、宮川村は大台町に
・宮川村営バス→大台町営バス
・停留所名称変更 大杉支所前→大杉谷出張所前、西村前→西村屋前、役場→宮川総合支所、旧荻原小学校前→荻原橋、大台町就業改善センター前→就業改善センター前
2009/6/1 2009年6月1日
・三瀬谷~道の駅奥伊勢おおだい間延長。
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・上中木屋~大西谷口間延長。
2015/4/1 2015年4月1日改正内容
・ 「大台厚生病院」に乗り入れ
・停留所新設 「報徳診療所前」
・停留所名称変更 (旧)「大台病院」→「佐原日の出町」
2016/4/1 2016年4月1日改正内容
・ 南岸中心路線(江馬~泉、江馬~栗谷)は、江馬~報徳診療所前 路線延長
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・廃止代替路線 滝谷集会所前~水谷間を北岸を通るルートに変更。
・「滝谷小又」停留所を新設。

南島地区

1999/4/1  
2002/4/1 2002年4月1日
・南島線 道方~阿曽浦~南島棚橋間 南島町営バスに移管
2002/8/3 2002年8月3日
・南島町営バス 方座に乗入れ

※2005/10/1 合併により、鳥羽・志摩地区バス路線図に統合


<2004/4/1版まで>上野地区 <2004/11/1版より>伊賀地区

1999/4/29 1999年4月29日
・上野長島温泉特急線休止
2000/4/1 2000年4月1日
・上野・津線休止
・柘植北線休止
・柘植本線 柏野経由新設
・停留所名称変更 関西日本電気前→日本電子ライト前
2001/4/1 2001年4月1日
・三田丸柱線 下出~丸柱間休止。路線名を「諏訪線」に変更。
・停留所新設 「木の館前」
2002/3/20 2002年3月20日
・上野天理線 針インターを経由
・奈良交通 柳生月ヶ瀬線休止
2002/4/1 2002年4月1日
・伊賀町民バス休止
2002/7/1 2002年7月1日
・西山線経路変更

2002年10月15日
・三重交通柘植本線 新堂駅南口乗り入れ
2003/4/1 2003年4月1日
・上野・名張線 「杉山」停新設
・上野市コミュニティバス運行開始
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 上野・名張線 勧進辻経由に変更
・三重交通 阿波線 川北~坂下間廃止(大山田巡回バスが運行開始)
・エヌシーバス 上野線廃止
2004/11/1 2004年11月1日
・市町村合併により、上野市・伊賀町・島ヶ原村・阿山町・大山田村・青山町は伊賀市に
・市町村合併に伴い、地域割り変更

2005年2月17日
・中部国際空港アクセスバス運行開始
・上野名古屋高速バス 停留所新設「御代インター森精機前」
2005/3/14 2005年3月14日
・三重交通島ヶ原線 一部の便は「やぶっちゃランド」に乗り入れ
2005/4/1 2005年4月1日
・三重交通上野天理線 国道治田~国道山添間の経路を変更
・三重交通玉滝線 阿山町役場前~槙山間廃止
・三重交通停留所名称変更 伊賀町役場前→伊賀支所前、阿山町役場前→阿山支所前、大山田役場前→大山田支所前 、島ヶ原役場前→島ヶ原支所前、上野病院前→労働基準監督署前
・奈良交通 奈良月ヶ瀬線新設

2005年12月1日
中部国際空港行高速バス廃止。
2006/4/1 2006年3月27日
・奈良交通 奈良月ヶ瀬線 梅の郷月ヶ瀬温泉~石打間延長

2006年4月1日
・三重交通 南山城線(月ヶ瀬口駅~松笠)廃止
・三重交通 上野名張線 上野市駅~三交伊賀車庫系統を廃止
・奈良交通 中峯山~中峯山~波多野郵便局前、五月橋間廃止
2006/7/3 2006年7月3日
・奈良交通 中峯山~葛尾間新設
2006/10/1 2006年10月1日
・奈良交通 天理上野線休止
2006/12/20 2006年12月20日
・上野名古屋高速バス 三交伊賀車庫~三交上野車庫間延長
2007/3/21 2007年3月21日
・高速バス 伊賀長島温泉高速線(名張駅前~長島温泉・なばなの里)を新設。
2007/10/1 2007年10月1日
・三重交通 柘植本線 寺田、一之宮経由の系統を新設。伊賀支所前~柘植駅前間を廃止。柘植線に路線名を変更。
・三重交通 停留所名称変更 伊賀支所前→伊賀支所、伊賀農協前→農協西柘植店前
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 上野市内線(伊賀上野駅前~桑町駅前~四十九~市民病院間)廃止

2009年4月1日
・三重交通 上野天理線 停留所新設 「天理中大路」
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 名古屋上野高速バス 銀座4丁目、桑町に停車
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 名古屋上野高速バス 三交上野車庫~三交伊賀車庫間廃止
2011/6/1 2011年6月1日改正内容
・三重交通 友生線 上野市駅~労働基準監督署前間の経路を、農人町経由から茅町駅前経由に変更。ゆめが丘地区の経路を変更し、停留所を新設。
 停留所名称変更 「ゆめが丘」→「ゆめドーム前」
 停留所新設 「ゆめが丘四丁目」「ゆめが丘地区市民センター前」「友生小学校前」
・三重交通 諏訪線 後出(旧 諏訪下出)~諏訪下出(新設)間 路線延長
 停留所名称変更 「諏訪下出」→「後出」
 停留所新設 「案山子畑」「諏訪下出(新設の終点)」
2012/4/1 2012年4月1日改正内容
・三重交通 玉滝線 アピタ伊賀上野店へ乗入れ(朝の便を除く)
・三重交通 桐が丘線 青山町駅前~羽根東(Aコープ前)間を延長(平日昼間の便)
・三重交通 上野天理線と上野山添線を統合 国道山添~天理駅前間は土休日1往復のみの運行。大西~菅生間を廃止。
2013/4/1 2013年4月1日
・三重交通 停留所名称変更「上野市駅」→「上野市駅」
・奈良交通 山添水間線廃止
2013/6/1 2013年6月1日改正内容
・三重交通 柘植線 柏野経由を廃止、新堂駅南口~伊賀支所間を廃止。
・滝で、大山田行政サービス巡回車と青山行政バスが乗り継げるようになります。
・希望ヶ丘口で、大山田行政サービス巡回車といがまち行政サービス巡回車が乗り継げるようになります。
2014/10/1 2014年10月1日
・奈良交通 天理都祁線 天理駅~国道山添系統を廃止

2015年4月1日停留所名称変更
・三重交通 「三田小学校前」→「三訪小学校前」、「花ノ木学校前」→「成和西小学校前」
2016/10/1 2016年10月1日
・三重交通 上野山添線 国道針インター~天理駅前間を廃止
 国道山添~国道針インター間は山添分校開校日のみ運行。奈良交通の便もあります。 

伊賀市 上野コミュニティバス(旧上野市コミュニティバス)

2003/4/1 2003年4月1日
・運行開始
2003/9/1 2003年9月1日
・内回り 文化会館前、緑ヶ丘東町経由に変更
・外回り 岡波病院東口経由に変更
2004/11/1 2004年11月1日
・市町村合併により、上野市は伊賀市に
・名称を「上野コミュニティバス」に

変更日未調査
・上野病院前→労働基準監督署前
・内回り 「上野病院」停新設
2005/6/18 2005年6月18日
・休日外回りが、文化会館経由に変更。東小学校南口停を新設。

2008年1月1日
・運賃改定
2012/8/15 2012年8月15日改正内容
・北回り循環 実証実験運行開始
・停留所名称変更 「上野市駅」→「上野市駅前」、「工業高校前」→「白鳳高校前」、「工業高校第2グラウンド前」→「白鳳高校第2グラウンド前」、「ヒネノ病院前」→「茅町東」
2014/10/1 2014年10月1日改正内容
・外回り循環西コース、内回り循環西コースが、「イオンタウン伊賀上野」に乗り入れ。

伊賀市 大山田コミュニティバス(旧大山田村内巡回バス)

2004/4/1 2004年4月1日
・運行開始
2004/10/1 2004年10月1日
・虹ヶ丘ルート新設
・停留所変更 富岡・出後口→富岡児童公園、出後公民館前
2004/11/1 2004年11月1日
・市町村合併により、大山田村は伊賀市に
・名称を「大山田コミュニティバス」に
2008/1/1 2008年1月1日
・大沢線、虹ヶ丘線 アニーズ前経由に経路を変更
・大沢線 循環型路線に変更し、新たに小上野を経由
・三軒家は虹ヶ丘線が経由
・運賃改定
2013/6/1 2013年6月1日改正内容
・虹ヶ丘線 希望ヶ丘へ路線延長
・坂下線 滝へ路線延長
・いがまち行政サービス巡回車が虹ヶ丘へ路線延長
2014/9/1 2014年9月1日改正内容
・虹ヶ丘線 アニーズ前~三軒家間の停車順を変更

伊賀市 青山行政バス(旧青山町営バス)

2000/4/1  
2003/4/1 2003年4月1日
・川上経由を廃止
2004/2/1 2004年2月1日
・霧生線・高尾線 青山町駅前~新羽根橋間延長
・霧生線・高尾線 川上口経由を桐ヶ丘経由に経路変更
2004/4/1 2004年4月1日
・停留所名変更 阿保小学校前→青山小学校前
・神津保育所前停を移設し、北山に名称変更
2004/10/2 2004年10月2日
・高尾線、霧生線で迂回運行
2004/10/18 2004年10月18日
・高尾線、霧生線で迂回運行
2004/11/1 2004年11月1日
・市町村合併により、青山町は伊賀市に
・名称を「青山行政バス」に
2004/11/21 2004年11月21日
・高尾線、霧生線で迂回運行
2005/1/1 2005年1月1日
・高尾線、霧生線で迂回運行
2005/4/1 2005年4月1日
・高尾線 迂回終了
2005/6/20 2005年6月20日
・霧生線 迂回終了
・伊勢路口停廃止

2008年1月1日
・運賃改定
2006/4/1  
2013/6/1 2013年6月1日改正内容
・滝線 停留所名称変更 「滝」→「滝中」
・滝線 滝中(従来の滝)~滝間路線延長
・大山田行政サービス巡回車が滝へ路線延長
2015/4/1 2015年4月1日
・停留所廃止 「小河内」

名張地区

1999/4/1 1999年9月1日
・三重交通 曽爾香落渓線 山粕~山粕西間に「前田橋」を新設
2000/4/1 2000年4月1日
・三重交通 青山滝線、霧生高尾線を青山町営に移管
・三重交通 桐が丘線 福祉センター乗り入れ
・奈良交通 榛原奥宇陀線 掛西口~小屋間を御杖村営に移管 小屋~杉平間は休止
2001/3/22 2001年3月22日
・奈良交通 榛原奥宇陀線 曽爾村役場前~葛休止
2001/9/15 2001年9月15日
・奈良交通 毛原線休止

2002年3月1日
・三重交通 停留所名称変更 三交車庫前→鴻之台
2003/4/1 2003年4月1日
・上野・名張線 「杉山」停新設、三交伊賀車庫発着系統新設
・つつじヶ丘「朝日町」停新設
・曽爾香落渓線 「曽爾高原ファームガーデン」停新設
2004/4/1 2004年4月1日
・三重交通 上野・名張線 勧進辻経由に変更
・三重交通 名張青山線廃止
2004/11/1 2004年11月1日
・市町村合併に伴い、地域割り変更
2004/12/17 2004年12月17日
・三重交通 奥津線 アピタ名張店へ乗り入れ
2005/4/1 2005年4月1日
・梅が丘、すずらん台線、桔梗が丘循環の一部の便がアピタ名張店へ延長。
・市役所つつじが丘線、つつじ市立病院線、桔梗市立病院線は名張駅東口経由に
・曽爾香落溪線 名張駅前~曽爾高原~山粕西系統を新設(冬期運休)
・赤目香落溪線 運行日変更

2005年12月1日
中部国際空港行高速バス廃止。
2006/4/1 2006年4月1日
・三重交通 上野名張線 上野市駅~三交伊賀車庫系統を廃止
・三重交通 すずらん台線 中桔梗が丘経由系統を廃止(徳明団地口~中桔梗が丘~中学校前間を廃止)
・三重交通 すずらん台線 アピタ名張店系統を廃止
・三重交通 曽爾香落渓線 曽爾高原系統の変更(名張駅前~曽爾高原~山粕西を名張駅前~曽爾高原)に変更
・三重交通 奥津線 アピタ名張店へは乗り入れなくなる。
2006/7/3 2006年7月3日
・奈良交通 葛尾~中峯山間新設

2006年12月20日
・上野名古屋高速バス 三交伊賀車庫~三交上野車庫間延長
2007/4/1 2007年3月21日
・高速バス 伊賀長島温泉高速線(名張駅前~長島温泉・なばなの里)を新設。

2007年4月1日
・三重交通 布生線 上本町経由系統を廃止(上本町停留所廃止)
2008/4/1 2008年4月1日
・三重交通 布生線(名張駅前~青蓮寺湖前~布生間)廃止
・三重交通 安部田線(名張駅前~安部田~若宮橋間)廃止 錦生地区には4/1より「ほっとバス錦」を運行開始

2009年4月1日
・曽爾香落溪線 曽爾高原系統の運行日を変更(秋季運行)
2010/4/1 2010年4月1日
・三重交通 名古屋上野高速バス 銀座4丁目、桑町に停車
・三重交通 梅ヶ丘線(名張市役所発着系統) 名張駅前~名張市役所間の経路を変更(名張口は通りません)
・奈良交通 葛尾~中峯山間 路線廃止
2011/4/1 2011年4月1日改正内容
・三重交通 名古屋上野高速バス 三交上野車庫~三交伊賀車庫間廃止  
・三重交通 名張・山添線 路線廃止
・三重交通 停留所名称変更 「皇学館大学前」→「近大高専前」、「西出」→「滝之原西出」

2012年4月1日
・三重交通 停留所新設 「希央台」

2013年4月1日
・三重交通 停留所名称変更「上野産業会館」→「上野市駅」
2016/4/1 2016年4月1日改正内容
・三重交通 つつじが丘線 つつじが丘~市立病院系統を廃止
・三重交通 梅が丘線 市立病院発梅が丘への直通系統を廃止

・三重交通 赤目香落渓線廃止
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・三重交通 04すずらん台線 すずらん台→名張西高校系統は 名張駅東口を経由。
2017/10/1 2017年10月1日から
・奈良交通 奥宇陀線(榛原駅~曽爾村役場前)は奥宇陀地域連携コミュニティバス(奥宇陀わくわくバス)になりました。

 

名張市コミュニティバス

2005/10/1 2005年10月1日
・運行開始
2009/4/1 2009年4月1日
・経路変更 「名張産業会館」停を廃止し、「ジャスコ前」停を新設

2011年4月1日
・停留所名称変更 ジャスコ前→イオン前
2012/8/6 2012年8月6日改正内容
・停留所新設 「名張の湯・とれたて名張交流館」
2014/5/1 2014年5月1日改正内容
・一部経路変更し「名張市青少年センター前」「朝日町」「名張産業振興センターアスピア前」停留所を新設。

尾鷲・紀伊長島地区

1999/7/1  
2000/4/25 2000年4月25日
・南紀特急 三交南紀~新宮駅前・勝浦温泉間休止

2001年7月9日
・名古屋・関・南紀高速線 三交南紀交通に

2002年4月1日
・名古屋・関・南紀高速線 国道相賀に停車
2003/4/1 2003年4月1日
・名古屋・関・南紀高速線 勝浦温泉へ延長

2004年4月1日
・南紀特急バス 道瀬に停車
・名古屋・南紀高速線 梅ヶ谷に停車
2005/2/14 2005年2月14日
・市町村合併に伴い路線図の地区割り変更
2005/10/1 2005年10月1日
・三重交通 松本線 瀬木山~国市間 経路変更

2005年10月11日
・市町村合併により、紀伊長島町、海山町は紀北町に

2006年4月1日
・三重交通 停留所名称変更
 海山町→紀北町海山(一般路線バスのみ変更 南紀特急・名古屋高速線を除く)
 長島町役場前→紀伊長島総合支所(一般路線バスのみ変更 南紀特急・名古屋高速線を除く)
 海山町役場前→紀北町庁舎前
2006/7/20 2006年7月20日
・南紀特急バス改正
 松阪~熊野の系統は、津発着(三重大学病院~津駅~紀伊長島~尾鷲~熊野)となりました。
 停車停留所を変更。花田、大泊は通過。馬瀬に停車。
 停留所名称変更 国道射和→射和小学校前、大宮町→大紀町、紀勢町→柏崎、長島町役場前→紀伊長島総合支所、海山町→紀北町海山
・名古屋南紀高速線改正
 滝原宮前~名古屋間は、高速道路経由に変更。関バスセンターには停車しません。
2007/2/10 2007年2月10日
・南紀特急バス 尾鷲せぎやまホール前~熊野古道センター間延長
・三重交通 松本線 停留所新設「熊野古道センター前」

2008年10月1日
・三重交通 尾鷲長島線 停留所新設 「上里診療所前」
2009/5/1 2009年5月1日
・三重交通 錦長島線(長島駅前~錦福羅公園)を廃止。
2009/7/1 2009年7月1日
・ふれあいバス(尾鷲地区)、ふれあいバスハラソ線を新設
・ふれあいバス 八鬼山線 朝日町~瀬木山間、三木浦口~三木里駅間延長

・三重交通の以下の路線はふれあいバスに再編されます
 松本線(瀬木山~紀伊松本)→「ふれあいバス」
 九鬼線(九鬼町~早田)→「ふれあいバス 八鬼山線」
 輪内線(三木浦~三木里駅前~梶賀)→「ふれあいバス ハラソ線」 

2009年12月1日
・ふれあいバス八鬼山線 停留所新設 「早田峠」

2011年4月1日
・三重交通 停留所名称変更 「ジャスコ前」→「イオン前」
2011/7/1 2011年7月1日
・南紀特急バス 停留所新設 「マンボウ」
・尾鷲市ふれあいバス  尾鷲地区経路変更
・尾鷲市ふれあいバス八鬼山線 一部の便 三木里駅~東古江間延長
2012/10/1 2012年10月1日改正内容
・尾鷲市ふれあいバス  須賀利線運行開始
2013/4/1 2013年4月1日改正内容
・尾鷲市ふれあいバス 八鬼山線 三木浦~コノワ間路線延長。
2013/10/1 2013年10月1日改正内容
・尾鷲市ふれあいバス ハラソ線 瀬木山発着を天満堤防発着に変更。停留所3箇所新設。
・尾鷲市ふれあいバス 須賀利線 停留所新設「金助前」
2013/11/19 2013年11月19日改正内容
・三重交通名古屋・南紀高速線 熊野尾鷲道路への経路変更に伴い「小阪」「賀田口」停留所を廃止。
2014/4/25 2014年4月25日改正内容
・三重交通 名古屋南紀高速線 運行区間・停車停留所変更(高速道路経由に変更することにより所要時間短縮)
 次の停留所は停車しなくなりました 「勝浦温泉」「紀北町海山」「梅ヶ谷」「大内山」
 次の停留所は位置が変更になっていますので、ご注意ください 「新宮市」→「三交新宮駅前」、「紀伊長島」→「紀北町紀伊長島」、「柏崎」→「紀勢大内山インター前」

2015年4月1日改正内容
・三重交通 停留所名称変更 「紀伊長島」→「紀北町役場前」、「紀伊長島総合支所前」→「みえ熊野古道商工会前」、「県総合庁舎前」→「県尾鷲庁舎前」、「長島高校前」→「紀北町社会福祉協議会前」、「紀北町庁舎前」→「海山総合支所前」、「宮川高校前」→「上三瀬西」
・南紀特急バス  「大台厚生病院」に乗り入れ
2015/11/2 2015年11月2日改正内容
・南紀特急バス(津~熊野) 尾鷲市病院前~鬼ヶ城東口間は熊野尾鷲道路を通行のため、停車しません。「新田」に停車。
・三重交通 熊野尾鷲線(大又大久保~海山バスセンター)を新設。海山バスセンターで南紀特急バス(松阪方面)と連絡。
・三重交通 熊野尾鷲線 快速(三交南紀~熊野市~瀬木山)を新設。瀬木山で南紀特急バス(松阪方面)と連絡。
・三重交通 停留所名称変更 「三交海山」→「海山バスセンター」
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・南紀特急バス、津~熊野を廃止。(松阪~尾鷲系統は存続)
2017/10/1 2017年10月1日改正内容
・ふれあいバス 天満堤防へは尾鷲地区路線が運行。
・ふれあいバス 須賀利線の一部便 尾鷲総合病院へ路線延長。
・ふれあいバス 八鬼山線 名柄地区へ運行。「輪内中学校前」「賀田中奥」停留所を新設。
・ふれあいバス ハラソ線  三木里駅~東古江間の運行はなくなります。

熊野地区

1999/7/1  
2000/4/25 2000年4月25日
・南紀特急 三交南紀~新宮駅前・勝浦温泉間休止
2000/10/20 2000年10月20日
・磯崎線、金山線、五郷線、熊野尾川線を三交南紀交通へ路線譲渡
2001/4/2 2001年4月1日
・神木・上市木線休止(御浜町民バスへ移管)

2001年4月2日
・御浜町民バス運行開始
・紀宝町民バス運行開始

2001年7月9日
・名古屋・関・南紀高速線 三交南紀交通に
2002/4/1 2002年4月1日
・名古屋・関・南紀高速線 国道相賀に停車
・紀宝町 町営バス・町民バス・自主バスを統合
2003/4/1 2003年4月1日
・熊野尾川線は、自治体の自主運行路線「清流・那智黒石の里線」に。停留所を一部変更。
・新宮尾川線は、自治体の自主運行路線「瀞流荘紀南病院線」に。紀南病院発着に変更。停留所名を一部変更。
・名古屋・関・南紀高速線 勝浦温泉へ延長
2003/7/19 2003年7月19日
・南紀広域バス 熊野古道瀞流荘線運行開始(実験運行)
2004/4/1 2004年4月1日
・熊野市バス 潮風かほる熊野古道線(熊野市駅~新鹿~二木島駅)新設
・三重交通遊木線、三交南紀交通磯崎・金山線廃止
・南紀特急バス 道瀬に停車
・名古屋・南紀高速線 梅ヶ谷に停車
2005/11/1 2005年11月1日
・市町村合併により、熊野市、紀和町は熊野市に

2006年4月1日
・三重交通 停留所名称変更
 紀宝町役場前→中村(一般路線バスのみ変更 南紀特急・名古屋高速線を除く)
 鵜殿村役場前→紀宝町役場前(一般路線バスのみ変更 南紀特急・名古屋高速線を除く)
 飛鳥保育所前→小口野
 F佐渡西→F野口平
 紀和町役場前→紀和庁舎前
・御浜町バス さぎりの里コース、みょうけんの山コースを廃止
2006/7/20 2006年7月20日
・南紀特急バス改正
 松阪~熊野の系統は、津発着(三重大学病院~津駅~紀伊長島~尾鷲~熊野)となりました。
 停車停留所を変更。花田、大泊は通過。馬瀬に停車。
 停留所名称変更 大宮町→大紀町、紀勢町→柏崎、長島町役場前→紀伊長島総合支所、海山町→紀北町海山

・名古屋南紀高速線改正
 滝原宮前~名古屋間は、高速道路経由に変更。関バスセンターには停車しません。
 停車停留所を変更 三交南紀以南は、阿田和駅前、紀宝町役場前、新宮市、勝浦温泉に停車。
 停留所名称変更(高速バス) 鵜殿村役場前→紀宝町役場前
2006/10/1 2006年10月1日
・奈良交通 熊野線(新宮駅~熊野市駅~池原~河合)を休止。
・熊野交通 鬼ヶ城線を廃止。
2007/10/1 2007年10月1日
・三交南紀交通 五郷線廃止
・熊野市バス 飛鳥・五郷線新設
・熊野市バス 徐福茶屋前停留所を新設

2008年6月1日
・熊野市バス瀞流荘紀南病院線 停留所新設 「入鹿小学校前」
2009/4/1 2009年4月1日
・熊野市バス 清流・那智黒石の里線 停留所新設 「神川診療所前」「神川温泉前」
・熊野市バス 清流・那智黒石の里線 停留所名称変更 「神川駐在所前」→「神上生活改善センター前」
・熊野市バス 潮風かほる熊野古道線 熊野市駅前~三交南紀間延長
・熊野市バス 潮風かほる熊野古道線 停留所新設 「遊木町里の上」

2011年7月1日
・南紀特急バス 停留所新設 「マンボウ」
2012/10/1 2012年10月1日改正内容
・熊野新宮線 「三交南紀」発着系統がなくなる。

2013年3月16日改正内容
・三重交通 「丹鶴町」停留所を廃止。
2013/11/19 2013年11月19日改正内容
・三重交通名古屋・南紀高速線 熊野尾鷲道路への経路変更に伴い「小阪」「賀田口」停留所を廃止。
・三重交通名古屋・南紀高速線 紀宝バイパスへの経路変更に伴い「紀宝町役場前」には停車しません。「紀宝町」停留所を新設。
2014/4/25 2014年4月25日改正内容
・三重交通 名古屋南紀高速線 運行区間・停車停留所変更(高速道路経由に変更することにより所要時間短縮)
 次の停留所は停車しなくなりました 「勝浦温泉」「紀北町海山」「梅ヶ谷」「大内山」
 次の停留所は位置が変更になっていますので、ご注意ください 「新宮市」→「三交新宮駅前」、「紀伊長島」→「紀北町紀伊長島」、「柏崎」→「紀勢大内山インター前」

2015年4月1日停留所名称変更
・三重交通 「紀伊長島」→「紀北町役場前」、「紀伊長島総合支所前」→「みえ熊野古道商工会前」、「県総合庁舎前」→「県尾鷲庁舎前」

2015年5月1日改正内容
・三重交通 南紀特急バス(松阪系統) 「新田」に停車。
2015/11/2 2015年11月2日改正内容
・南紀特急バス(津~熊野) 尾鷲市病院前~鬼ヶ城東口間は熊野尾鷲道路を通行のため、停車しません。「新田」に停車。
・三重交通 熊野尾鷲線(大又大久保~海山バスセンター)を新設。海山バスセンターで南紀特急バス(松阪方面)と連絡。
・三重交通 熊野尾鷲線 快速(三交南紀~熊野市~瀬木山)を新設。瀬木山で南紀特急バス(松阪方面)と連絡。
・三重交通 停留所名称変更 「三交海山」→「海山バスセンター」
2017/4/1 2017年4月1日改正内容
・南紀特急バス、津~熊野を廃止。

紀宝町営バス・紀宝町バス

2000/5  
2001/4/2 2001年4月2日
・紀宝町民バス運行開始
2002/4/1 2002年4月1日
・浅里神内線 延長
町営バス・町民バス・自主バスを統合
2003/4/1 2003年4月1日
・紀南病院線 経路変更
2005/4/1 変更日未調査
・紀南病院線 経路変更 町民サービスセンターを経由
2006/4/1 2006年4月1日
・浅里神内線を、浅里鵜殿線に変更。紀宝町保健センター~(鵜殿地区)~紀宝町役場間を延長。(一部の便は紀南病院まで運行)
・紀南病院線を井田紀南病院線に変更。紀宝町役場(鵜殿地区)を経由。
2006/9/1 2006年9月1日
・紀南病院線 役場井田支所~上野口間の経路を変更。「NTT交換所前」「ハセデ池」「みさご岩」「井田小学校前」停を新設。「小林前」停を廃止。
・「楠橋」、「ヤマモク前」停を新設。

2008年4月1日
・停留所名称変更 相野谷診療所前→清水橋、相野谷小学校前(紀南病院線)→相野谷診療所前
2010/6/1 2010年6月1日
・紀南病院線:一部の便において、紀南病院~井田舞子間延長。(循環運行)
・紀南病院線:平尾井地区へ乗り入れ
・紀南病院線:紀宝町役場~中曽公園前間の経路を国道42号線経由に変更。「消防分署前」「バイパス団地口」停を廃止。
・停留所新設 紀南病院線:オシドリ池、内垣内、平尾井センター、平尾井東、井内青年クラブ、地下
・停留所名称変更
 上地→浅里上地、和田地→和田、特別養護老人ホーム組合前→豊寿園、公民館前→センター弁慶、鮎田保育園前→山口地、フリー湯の谷橋→湯の谷橋、フリー南高岡→南高岡、フリー北高岡→北高岡、フリー南北浦→南北浦、フリー南津本→南津本、役場相野谷支所前→大里多目的集会施設、フリー西薬師→西薬師、平尾井→平尾井西、クラブ前→阪松原生活改善センター、フリー堀丸→堀丸、フリー阪松原上→阪松原上、下地→桐原下地、フリー→新相野谷トンネル、役場井田支所前→井田公民館、東海電工→紀南電工

2013年3月16日改正内容
・「丹鶴町」停留所を廃止。
2016/9/1 2016年9月1日
・「堤谷」停留所を新設
・「鵜殿駅前」停留所 朝里鵜殿線、紀南病院線とも両方とも停車

北山村営バス

2000/5  
2003/7  

南紀広域バス、熊野市バス、御浜町バス 2007年9月まで(2007年10月以降は熊野地区を参照)

2001/4 2001年4月2日
・御浜町民バス 運行開始
2003/8/1 2003年7月21日
・南紀広域バス 熊野古道瀞流荘線運行開始

2003年8月1日
・御浜町バス 経路変更
2004/4/1 2004年4月1日
・熊野市バス 潮風かほる熊野古道線(熊野市駅~新鹿~二木島駅)新設
2005/11/1 2005年11月1日
・市町村合併により、熊野市、紀和町は熊野市に

2006年4月1日
・停留所名称変更 紀和町役場前→紀和庁舎前
2006/4/1 2006年4月1日
・御浜町バス さぎりの里コース、みょうけんの山コースを廃止